« 入内雀 | トップページ | 小鮫鶲の抱卵 »

2010年6月26日 (土)

小鮫鶲

小鮫鶲(コサメビタキ)の営巣は初見・初撮りです、横枝の上にコケで皿型のように作った巣は木のコブのようにも見えます、これは信濃の森林公園で3週間前に撮影した在庫の写真です。コサメビタキは前回は6月15日に北海道・朱鞠内湖畔で近くで撮ったものをブログに載せたがこの日は奇しくも日本人を興奮の渦に巻き込んだ本田の先制ゴールでカメルーンに1-0で勝った翌日であった、今回もまだ興奮が覚めやらないデンマーク戦3-1の大勝利の翌日にコサメビタキです、本田の35mの無回転FKでの先制点、TVで無回転フリーキックのスローモーションを見ているとボールのデザインが本当に無回転で見えそのままゴールネットを揺らすのを何回も見た!新鮮に見える無回転!3時に起きて引き分けを願ったTV観戦が思い掛けない大勝利を飾った、思い掛けないと言えばコサメビタキの営巣も6年目にした初めて見たので、いつも見る営巣は木に開けた巣穴であったがこれは横枝の上に苔で作ってあるのが新鮮に見えた。

2041 大きな横枝の上に巣上には更に大きな横枝、コブのような巣の上に小さな枝葉があり、上からの攻撃を防御しているように見える、下にも同じような小さな枝葉がある、これも営巣には必要なのかわからない?

2121木の コブのように見える巣の中で抱卵の様子

3011抱卵中 稀に巣から出てくる

3081 鳴きながら飛んで行く、この時は巣は空っぽになる

3131 また巣に直ぐ戻る、卵が無事で尾を上げて喜ぶ?

3171 そのまま抱卵の姿勢に入る

3181 抱卵しながら周囲を見渡す様子

|

« 入内雀 | トップページ | 小鮫鶲の抱卵 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 入内雀 | トップページ | 小鮫鶲の抱卵 »