« エトピリカ | トップページ | 落石ネイチャークルーズ »

2010年6月 7日 (月)

燕の紋次郎

戸隠中社から神告げの湯に向かう途中で民家の庭先で地上に降りて水溜りで嘴に咥えた藁に泥をつけて飛び去る巣作り中の燕を見ました。水面の上や稲穂などの上を飛び虫を追いかけて敏捷に飛ぶ動画のツバメ、電線の上や軒下の巣で子育て中の静止のツバメを見ますが、地上に下りて泥の上にいるツバメを初めて見ました。地元の横浜ベイスターズは今のところ東京ヤクルトスワローズの上にいます、最下位で地上にいるのはスワローズです、その上にベイスターズがいます、今シーズンの椿事のようです。ツバメがこれから繁殖のための巣作りの左官作業?昔家作りの現場で泥と麦藁を混ぜて塗り壁材料を作り、壁塗りを仕事とする職人さんを思い出す光景です、ここは戸隠村ですが長い麦藁を嘴に咥えた様子は三日月村の木枯し紋次郎を彷彿させます、直ぐ近くの民家のコンクリート作りでシャッターの無いガレージの中に泥と藁を運ぶ燕の紋次郎です、民家のガレージの中での巣作りは見られませんが「あっしには、かかわりのねぇーことでござんす」の名台詞を思い出します。

1731_3 燕の紋次郎が飛び交います

2801 特急ツバメはここで停車です

3751 二羽目も来ました

3801 みんな燕尾服姿なので雄・雌の区別も番なのかも判りません

4151 巣作りの現場に飛び出しです

4221 ここには何組もの巣作りをしているようです

4281 藁と泥だけでなく泥も運んでいます、巣作りの現場では唾液で固めているかも

4291 万歳してから飛び出しです、翌日ここを通った時にはツバメの姿はありません、左官作業は一日で終わったようです。

|

« エトピリカ | トップページ | 落石ネイチャークルーズ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

戸隠でお会いした神戸の夫婦です。アカショウビンは残念でしたがまた挑戦したいと思います。今後ともどうぞよろしく。

投稿: カピタン・オッホ | 2010年6月 7日 (月) 15:44

カピタン・オッホさん

こんばんは
早速のご訪問をありがとうございます
アカショウビンは残念でしたが
アカゲラ・ニュウナイスズメ・コサメビタキなどの子育て中が見られて、それなりの
収穫がありました。
鳥見は自然が相手ですので、いつも見られるとは限りませんのでプラス思考で、おっしゃる通りの再挑戦の気概が必要ですね、
今後とも宜しくお願いします。

投稿: ken | 2010年6月 7日 (月) 19:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エトピリカ | トップページ | 落石ネイチャークルーズ »