« コアカゲラ | トップページ | 赤啄木鳥の給餌交替 »

2010年6月 4日 (金)

東北のアカショウビン

まだ旅の途中ですが北海道・函館から青函フェリーを初めて乗船して青森に着いてから竜飛岬を観光した翌々日に撮影した東北のアカショウビンの証拠写真です、昨日は信州のアカショウビンに挑戦しましたが、早朝から餌場で待機していた約20人は全員坊主のようです、朝一番に来た人は熊に遭遇したそうです、赤が出ず黒が出た一日でした。三日間いた人の話では月は出なく火は二回、水は1回昨日はゼロとまだここの雌がまだ渡来せず、二羽の雄アカショウビンは安定していないようです。それでは青森のアカショウビンの証拠写真です。

1131

午前4時50分頃からISO6400で撮影開始

2171 雄だか雌だか分かりません

3351 5時40分頃に二羽ともいなくなり、後は一日中ここには来ませんでした。

« コアカゲラ | トップページ | 赤啄木鳥の給餌交替 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

Birds Navi.信州のKomaです。北海道から信州ですか!ものすごいバイタリティ溢れる鳥見行ですね。

komaさん

こんにちは
昨年のムギマキに引き続き
先週もその節はお世話になりました、
撮りたい鳥を撮りたい時に
komaさんに出会えるラッキーを
期待して今後とも宜しくお願いします。

ケンさんアカショウビンの写真ステキです!そしてコメントのお返事とっても嬉しいです!私は登別の出身なんですが、小さい頃から鳥が大好きで・・でもカラフルなインコなんかが好きだったことから今も飼っているオウムのキビタイボウシインコと仲良く過ごす日々の中、高校生の時に幌別川でヤマショウビンを見てから人生が変わったと言っても過言ではないです(^O^でも、大好きなアカショウビンはまだ一度も出会ったことがなく、生息すら心配な中必ず出会いたいと願ってます。ケンさんのブログでアカショウビンをまた見ることができて幸せです!ケンさんもご存知、道内の、とある場所では去年オスだけ来たもののダメで今年私もいることを信じて行ったのですが、2日間とも六時間ひっそり待ってみるものの、一度でも聞けたら涙がきっと出てしまうあの鳴き声は聞けませんでした。あちらで知り合った地元の方も、残念ながら途絶えてしまったと悲しそうでした。何ヵ所かは飛来しているとは思われますが、また探してみます!どうか越冬地でもマングローブがこれ以上失われないよう日々願い、他の鳥たちも含め、出来ることを私も頑張ります!長々すいません(^-^)いつか千歳の、ヤマセミを撮りにいらしてください!お会いしたいです!
では、また!

赤々ショウビンさん
赤面ものの写真に過分なるお言葉を恐縮です
東北のアカショウビンは早朝の遠くて暗い中で撮影した粗い写真のオンパレードでした、アカショウビンがお好きのようですので、このブログのバックナンバーには沢山のアカショウビンがあります、一例として北海道のアカショウビンは2008年6月には大沼公園で撮影したものが、2008年7月にはリュウキュウアカショウビンが掲載されておりますのでご参考まで!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コアカゲラ | トップページ | 赤啄木鳥の給餌交替 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ