« 赤襟鳰 | トップページ | 赤襟鳰雛の第二子誕生 »

2010年7月14日 (水)

赤襟鳰雛の誕生

アカエリカイツブリの雛(第一子)が孵ったのは撮影開始三日目の13日(日)の午前8時半頃に確認されました、地元の方の話では抱卵開始から21日目だそうです。葦でもなければヨシでもないイネ科の草の種類であると地元の農家のカメラマンの方が話していましたが、浮き巣に居る限りは草が邪魔してマトモに一枚も撮れません、雛の写真が撮れ始めた午前11時以降に撮った数百枚の中から選んでもこの始末です、葦(アシ)の方が根元が茎なので写真撮影には葦(ヨシ)ですが、これでは親が背中に乗せて浮き巣から出るまで撮影にはこの草は悪しです。

7731 雄親の背中に乗っているのが発見されましたのは午前8時半頃です、待ちに待った雛の誕生です。

8381 雄親のくちばしと比較すると小さい縞模様の雛です、地元の人はめんこい!を連発していました。

8501 ♀が持ってきた餌の小魚を♂が与えています

11062 ♀が捕ってきた餌を♂の肩にいる雛に給餌する様子です。

|

« 赤襟鳰 | トップページ | 赤襟鳰雛の第二子誕生 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ケンさン、おはようございます。すばらしい場面に遭遇されましたね!こちらは梅雨の終わりの豪雨にうんざりですがそれを吹き飛ばす感動物の絵です。いいですねー

投稿: tokko | 2010年7月15日 (木) 08:15

tokkoさん

こんばんは
今日の道北の天気は北方領土のようでした!快晴(返せ) チョット無理があるかな~~
親子の目が出た写真を貼りたいで~す。

投稿: ken | 2010年7月16日 (金) 16:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤襟鳰 | トップページ | 赤襟鳰雛の第二子誕生 »