« キショウブとコウリンタンポポ | トップページ | ギンザンマシコ »

2010年7月20日 (火)

エトピリカ

エトピリカを見たくて、撮りたくて野鳥撮影を始めてから過去五年間夏に通った霧多布岬、今年5月にはこのブログにも体験レポートを書いた根室・落石漁港からのネイチュアークルーズにも参加したが、エトピリカは霧と雨に阻まれて見損ない、撮り損ないした、最後に残るのは過去数年間エトピリカを外したことがない実績あるワイバードの「エトピリカを求めて!歯舞・色丹沖クルーズ」への参加しかない、北海道野鳥撮影旅行中に根室発着18-19日の一泊二日のコースに参加した。旅先からの送信により写真の選択は短時間に済まし、ツアーの内容は別途に紹介します。それにしては道東の観光地には「返せ!北方領土」がいたるところで目に付くが18、19日の歯舞・色丹沖は「快晴(返せ!)北方領土」の願いも空しく、大相撲の霧の海・見えの海、白いガス(白霧)が充満した(天気に不満のガス爆発寸前)の中二日目は一瞬の霧の晴れ間に現れたエトピリカを初めて見た、撮った証拠写真のエトピリカです。休日の昼間はネットが混み合い写真二枚を送るのに何回も途中で中断して二時間も掛かりました、この続きは帰浜後にもっと良い写真があるかないか探してみたいと思います。

1056 二羽のエトピリカ

10071_2 エトピリカの足も赤い!

|

« キショウブとコウリンタンポポ | トップページ | ギンザンマシコ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。
ケンさんの執念が成就し、念願のエトピリカに遇えたのですね。
い〜な〜、しっかり遇える可能性を求めていけば、あえるものなのですね。
私もケンさんを見習って、来年こそはあってみたいと思います。
先ずは、取り急ぎお祝いメッセージまで

投稿: いなサン | 2010年7月20日 (火) 16:32

いなサン

ありがとうございます
ようやく撮れましたが、どの写真もこの程度です。D3と200-400にテレコンなしで、霧と小雨の中で手持ちです。
この他に苦手な海鳥ですが初見・初撮りとしてアホウドリ・コアホウドリ・クロアシアホウドリ・フルマカモメなど海鳥が5種以上が撮れました。
三脚を持ち込むも狭い甲板では邪魔でした。晴天ならばピントも早く色も出るハズですが白霧と暗い小雨と曇天ではこんなものです、撮れただけでも幸運です、願わくば来年のエトピリカは小吉から大吉になりたいものです。

投稿: ken | 2010年7月20日 (火) 18:02

おめでとうございます。
旺盛な好奇心、逞しい行動力、そして飽くなき執着心の成果ですね。おめでとうございます。
イヤァー …羨ましい、教えられる事ばかりです。
素晴らしい映像に啓発されました。
明日はどんな写真が見られるのでしょう…ワクワクです。


投稿: 5333 | 2010年7月20日 (火) 20:59

5333さん

過分なるお言葉をありがとうございます
自分も5333さんの表現力・文章力を見習いたいと常々思っております。
体力があるうちの古希爺の道楽ですので
時には好奇心はボケ防止、よろけながらの道行、執着心は見方を変えれば頑固者の終着です、明日はどんな写真が貼れるか毎日がハラハラ・ドキドキです、今後はお気軽に期待せずのご訪問を宜しくお願いします。

投稿: ken | 2010年7月21日 (水) 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キショウブとコウリンタンポポ | トップページ | ギンザンマシコ »