« 日光東照宮・鳥の彫刻 | トップページ | アカエリカイツブリの親子 »

2010年8月21日 (土)

田舎に泊まろう、オナガを見る

今回のお盆休みの旅行で秋田・八幡平・ふけの湯温泉に泊まった翌日の二日目は岩手県・岩泉の田舎に泊まり、その時に裏山の栗の木に飛んできたオナガを孫が見つけましたが鳥撮りのレンズの持ち合わせがないので普段使っているレンズ(AF-S24-120mm、1:3.5-5.6)で120mmにして、一番近い部屋の裏窓を静かに開けて撮影したオナガの群れです。鳥撮り用に軽い300mmのレンズを忘れてきたのが悔やまれる。昼間は8月4日のTVの「なにこれ珍百景」で見た岩泉町立小学校の小さなプールを見学したり、双眼鏡で周囲の山林の上を飛ぶトビなどや川岸の木の上で囀るホオジロなどの小鳥観察、夜は周囲の民家から離れているので横浜から持ち込んだいろいろな打ち上げ花火や落下傘花火、鼠花火、20連発の爆竹などに興じるなど孫どもは一年ぶりの「田舎に泊まろう」を幼き日の思い出の一頁を増やしたようだ。

2790_2 枯れ木に二羽のオナガ

2820_2 下の枯れ木に降りた二羽

2880_2 三羽目が飛んできた

2890_2 二羽目が飛んだ

2991_2 親子のような二羽

3001_2 どうやら給餌のようだ

3021_2 左が給餌を受けて喜んでいるようだ、120mmでは鳥の生態撮影は無理、家から出て近づけばオナガは飛び去ってしまうだろう、普段見れない地上でのオナガの給餌を小さくても撮れたのはこの旅行で唯一の収穫であった。

|

« 日光東照宮・鳥の彫刻 | トップページ | アカエリカイツブリの親子 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日光東照宮・鳥の彫刻 | トップページ | アカエリカイツブリの親子 »