« 若い燕 | トップページ | 休耕田のシギチ »

2010年8月 7日 (土)

タマシギ雌

二年前の8月に初めてタマシギ雌の舞が撮れた時は舞い上がり、ブログの書き出しに「針小棒大」の感じがあったが、今年のタマシギ撮影には時期が出遅れたようだ、二年前とは逆に「棒ほど願って針ほど叶う」のが初日で、二日目の昨日は何も叶うものが無かった、一昨日の初日は5時から地元の方に続いて3人目に休耕田の前にカメラを構えると、燦々と輝く逆光の中6時40分にタマシギ♀の水浴び後の羽繕いが畦道の上での証拠写真として撮れた、その後6時間は何事も起こらず炎天下で熱中症対策、午後1時前に撤収したがその日は午後3時過ぎと二度目は暗くなってから雄が現れたと昨日9時頃様子を見に来た地元の人が情報をくれた、昨日は夕方から横浜スタジアムで東京ヤクルト戦を孫二人を連れて観戦するので、9時に二人のカメラマンを残して撤収した。そのヤクルト戦も散々でした試合開始の6時まで炎天下で待たされた挙句に、試合開始早々に大家投手がヤクルト打線に猛打を浴びて打者13人で8点を失い、そのうち畠山の3ランは許されても投手の館山にも3ランを浴びて試合を壊してしまい、金返せ!ユニフォームを脱げ!などの野次が飛び交う中での完敗した観戦でした、ささやかにビールで乾杯を挙げたのは村田の14号ソロホーマと横浜の新救世主・新外人入団後1ヶ月ブレーク中のハーパー8号2ランだけでした、7回裏のハーパーのホームランで3:15の大完敗(最終的には22安打を浴びて4:16で終了)、7回終了後に帰宅、今までのナイター観戦ではこんな完敗は記憶がない!朝方にタマに出るタマシギも空振りで散々な一日でした。若いツバメを褒めたばかりに監督代行になって強くなったツバクロ軍団にやられました!

0886_094s 二年前の田圃の畦道でタマシギ♀の舞、二年前の8月に貼った写真から抜粋

0886_135s このようなタマシギ♀のディスプレイを撮りたいと願ったが・・・

0431一昨日の初日に午前6時40分、 撮れたのは休耕田畦道の草の中で水浴び後の羽繕い、これが藪から棒に出た♀、上の写真と比べて棒ほど願って針になりました!

0502こんな草かぶれに終止しました

1132 写した中でこれでも良い方です、二日目の昨日は朝9時過ぎまで全く現れず、地元のカメラマンも様子を見に来て早々に帰り、残された3人で9時までいましたが前日のリベンジどころか返り討ちにあいましたが顔見知りのカメラマンはこのような草かぶれさえも撮れない不遇でした、二人を残して先に退散してきました。

|

« 若い燕 | トップページ | 休耕田のシギチ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 若い燕 | トップページ | 休耕田のシギチ »