« 白い長元坊 | トップページ | 白長元坊の狩 »

2010年10月17日 (日)

白い飛翔

昨日の続きです、遠目には白鳩に見えますが狩の時に何回も停空飛翔をするのでハトではないようです、近目では黄色い嘴・黄色いアイリング・黄色い脚はチョウゲンボウに似ています、しかしホバした時の尾羽の枚数が八枚は少なく、過去5年間撮影したチョウゲンボウの尾羽は10-14枚ありました、またチョウゲンボウがホバする時は尾羽の形は扇形になりますが、この白子はホバしても尾羽が少ないせいか完全な扇形にならないようです、本当に亜種チョウゲンボウのアルノビでしょうか、雌雄もどちらでしょうか、疑問が残ります。

0130

青空の飛翔

0140

赤い鉄塔のボケがアクセントそれともアクシデントか

0150 目の前を飛んだときに尾羽は8枚を確認、この後の一枚は近すぎて枠からはみ出しました

5001 ホバの時も尾羽はこの程度の開きです、チョウエンボウの美しい扇形は見られません

5160 ホバした後に川原に降りて獲物を獲った後の飛翔です、獲物を抱えています。

5200 好みの枝に向っての飛翔です

6060 獲物を持って川原を低空飛翔

6080 獲物が見えませんが黄色いボケは河川敷に咲くセイタカアワダチソウです

|

« 白い長元坊 | トップページ | 白長元坊の狩 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ケンさん。
おはようございます。
白チョウゲンの尾羽ですが、10月2日頃撮影された方の尾羽は11枚ありました。
カラスか?何かに抜かれた可能性ありですよ。

投稿: ぶんちゃん | 2010年10月17日 (日) 09:51

ぶんちゃん こんにちは

三回目のコメントを有難う御座います
問題の鳥と困った時のぶんちゃんですね。
尾羽8枚と気がついたのは12日です、毎日のようにカラスの軍団に追われていますのでおっしゃる通りカラスの攻撃で尾羽が抜けたかも、私のように目標未達のストレスで白くなったり抜けた訳ではなさそうですね、ありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

投稿: ken | 2010年10月17日 (日) 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白い長元坊 | トップページ | 白長元坊の狩 »