« 赤襟鰭足鷸 | トップページ | ハナノビ »

2010年10月11日 (月)

アカエリヒレアシシギの採餌

アカエリヒレアシシギは水面に浮き上がりながらクルクルと回って渦巻きを起こし水中から浮き上がってくる水生生物などを捕食する独特の採餌行動をとるそうですが、ここの池でもこのような採餌行動を何回も見ました、ユ-ラシア大陸・北米大陸の寒帯域で広く繁殖してフイリピン・インドネシアなどで越冬する、日本の海上でも少数が越冬するようです、夏羽は赤襟の名前の由来が分りますが今は冬羽です、雌雄同色で大きさはL18cmの旅鳥。

1251 渦巻きを起こし浮き上がった水生生物を一度咥えてから放す

1271 また咥えて弱らせる

1431 最後は食べてしまった

199 上の写真のようにくるくる回りながら採餌する時と水面を泳ぐ水生昆虫をスピードを上げて追いかける場合もあります

2010 飛ぶ寸前まで勢い良く追いかけるが・・・

2020 獲物が捕れない!

2040 羽を傷めているのが原因でしょうか?

2051 拡大すると左右の羽が揃っていません

|

« 赤襟鰭足鷸 | トップページ | ハナノビ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ケンさんおはようございます。アカエリヒレアシシギ地元にきたことがあります。最初の採餌の仕方だとくるくる廻るのにある程度水量がいりますね!その時は地元の池は水量が少なかったように記憶しています。

投稿: tokko | 2010年10月11日 (月) 08:13

tokkoさん
こんにちは
森の中のこの池は水がない時に生えたイネ科の植物(水田の雑草イヌビエ?)が顔を出していますのであまり深くはなようですが、背丈のある雑草なので渦巻きが出来る深さはあるようです、三回も通ったのでまだ全部の写真を整理していませんが他の渦巻き採餌の写真を探してみます。

投稿: ken | 2010年10月11日 (月) 12:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤襟鰭足鷸 | トップページ | ハナノビ »