« 桜の木とエゾビタキ | トップページ | 川原の雪加 »

2010年10月14日 (木)

野原の野鶲

ノビタキの漢字は野原の野にヒタキと書いて野鶲です、園芸品種の花にとまるノビタキも素敵ですが秋の渡りの季節に新しい家族とともに野に咲く花やススキなどの雑草の穂先や茎にとまり昆虫類やクモを採食するノビタキも野趣豊かな秋の風景です、 春にはスギとヒノキの花粉症で悩まされるが秋は草木のブタクサやヨモギなどの花粉に敏感になり(頭のボケは進行するが鼻はボケない矛盾する加齢)秋の花粉症が出ますがポケットに忍ばせたリボスチン点眼液(目のアレルギーを抑え目の充血とかゆみ等の症状を抑える目薬)が野原の撮影では必携品となっています。

213

この杭棒の上が好きなようです、4,5羽の家族と思われる群れがこの付近にいました

2410

君の名はと 尋ねしも花の名は分らずじまい

2490

野の道におりたノビタキ

3090 午前中は花が開いていた?と公園内でお会いしたSさんご夫婦からの情報でしたが・・・

3370

青草の中で冬羽の淡い橙色が目立ちます

3680

ススキの上で垂直立ち

4110

黄色く咲く前のセイタカアワダチソウの天辺

4130 名も知らぬ雑草の上で鳴いていました、Kさんと初めてお会いしたTさんとご一緒に仲間に入れていただいた初めての場所での撮影でした。

|

« 桜の木とエゾビタキ | トップページ | 川原の雪加 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ケンさんこんにちは!いいですねノビタキ
自然な野草に止まっていい感じです。私も地元で
毎日ノビタキ三昧です。

投稿: tokko | 2010年10月14日 (木) 10:39

tokkoさん
こんにちは
関西はノビタキ三昧とは羨ましいですね!
今朝はコスノビを撮りに県内の公園に行きましたが見えません!もうここの公園では抜けて南の国に向ったようです、今朝は空振りでムカッとしましたが10月中旬では抜けて当然の時期と思われます。

投稿: ken | 2010年10月14日 (木) 13:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜の木とエゾビタキ | トップページ | 川原の雪加 »