« 黄色い花と雪加 | トップページ | 秋色の真鶸 »

2010年11月 5日 (金)

薄と野鶲

相模原の尾花・薄・芒・すすき・ススキと長逗留のノビ太君の秋景色です。

030

夏鳥が ススキにとまる 長居かな

0250 薄から 鳥飛び出して ときを知る

0561 虫咥え 芒をたおし 得意顔

1181 ノビタキに 頭をたれる ススキの穂 

3481 尾羽ふり 尾花かしがる 河原かな

3630 秋色に 風ひからせて すすきかな

4270 薄の穂 虫捕る鳥が 背羽見せ

1924 旅立ちに 一路平安 南空

|

« 黄色い花と雪加 | トップページ | 秋色の真鶸 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ケンさんおはようございます。昨晩万座温泉から帰阪しました。遠かったです。カケスのいいのが撮れました。ところで先日の’いけてない
ムギマキ’の話ですが、やっと自宅近くでいけて1日にタッタ1回出ただけのチャンスに恵まれました。いけてるでしょ!

投稿: tokko | 2010年11月 5日 (金) 08:06

tokkoさんおはようございます
カケスを撮って万座温泉で乳白の湯をカケスとはいいですね!
昔ゴルフの帰りに万座プリンスホテルに泊まり野郎4人でいろいろな意味で景色抜群・乳白色の雲上の混浴露天風呂でゴルフの疲れを癒した記憶があります。
ムギマキが撮れていけてますね!昨日はお山の水場でハンノキの傍でマヒワの水浴を今期初認でした!

投稿: ken | 2010年11月 5日 (金) 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黄色い花と雪加 | トップページ | 秋色の真鶸 »