« 薩摩の鴛鴦 | トップページ | 色気付いた白尉鶲雌 »

2010年12月12日 (日)

斑二乗鶲

1ヶ月以上前にUPした白いジョウビタキ♀が元気でまだ居ました。今日の四文字漢字のタイトルはマダラ×2、白いまだらに紫式部の小枝の影が写るジョウビタキをあらわしています。先月の九州旅行から帰り久し振り二週間ぶりの写真ブログは白いジョウビタキで再開になりにけりです。

3310 葉は落葉したが可愛い赤紫の実をつけている美人の名を持つ紫式部ですが葉が落葉したので似たような実をつける同属のコムラサキとの違いが分りません。この木の高さは3m位ありますが小紫は1~1.5mの高さのようです、どちらも濃紫(コムラサキ)が共通です。

2070

紫式部の実を食べに来た白いジョウビタキ♀

2201

陽が指すところに出てくるとタイトルの状態になります

2300 青空を入れると斑が更に濃くなるじ刻です。

2650

小枝が複雑なところに移動です

2700

どの実を食べるか紫式部を選択している場面でしょうか

2810

斑が二条に写ったトリミングです、天気が良すぎると紫式部との折角のショットもこのような写真となります、光が強すぎる「過ぎたるはなお及ばざるが如し」か「過ぎたるは及ばざるにおとる」薄曇ならばもっと良い写真になったと思う。それにしても今日のタイトルの「まだらじじょうびたき」と読むのは肩が凝るので凝り過ぎでした。

|

« 薩摩の鴛鴦 | トップページ | 色気付いた白尉鶲雌 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薩摩の鴛鴦 | トップページ | 色気付いた白尉鶲雌 »