« 虎斑木兎 | トップページ | 吉野ヶ里遺跡の頬白 »

2010年12月 8日 (水)

日の出のツル

12月4日の出水市の荘(しょう)・高尾野・両中学のツルクラブの生徒や地元のツル保護員ら約100名によるツル羽数調査でナベヅル10997羽、マナヅル1176羽クロヅル9羽カナダヅル7羽ナベクロ2羽合計12192羽の14年連続の万羽鶴の記録をネットで確認、今日の写真は11月26日出水のツル観察センター隣の新ツル見亭民宿を朝食前の6時に出て車で5分後東干拓で日の出とツルの飛翔を狙ったが日の出の気配はあったが雲に邪魔されて思うような写真が撮れなかった結末である。

0321

南国の朝は遅い、7時7分に日の出の気配、既に餌を蒔いてある東干拓には日の出前から塒を飛び立って来たツルが舞っていた

0421 日の出を待っていたツルも舞っていたかも

1301 拡大したナベヅルの飛翔

1440 山の上の黒雲に朝日は遮られて冴えない朝となった、7時14分

1540 朝日の中を期待したが雲の中の飛翔になった

2180それでも 山の彼方を背景に雲の中餌場へと急ぐツル、やんぬるかな~~8時の朝食に宿に急ぐ我

7861 朝食後あらためて来た東干拓で赤いハート型が目立つカナダヅルを見たのは9時過ぎ

8151

東干拓の監視所の前から遠い堤防の前にマナヅルとナベヅルの混群の中にクロヅル二羽(中央と右端・かなりトリム)この後クレインパークいずみ・出水武家屋敷群・日本一大鈴の箱崎八幡神社を観光、昨日のような気がするがもう二週間前の出来事、時の過ぎるのが早く感じるのは齢のせいか師走のせいか・・・誰のせいでもない気のせいである。

|

« 虎斑木兎 | トップページ | 吉野ヶ里遺跡の頬白 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 虎斑木兎 | トップページ | 吉野ヶ里遺跡の頬白 »