« 斑二乗鶲 | トップページ | 水鶏 »

2010年12月13日 (月)

色気付いた白尉鶲雌

一時はコスモス畑の周囲で大勢の人がこの白尉鶲雌を追いかけていましたが今はコスモスの姿も消えて初頭の様相から初冬の景色に沈静化しています、このお嬢さんも追っかけが少なくなり気楽に生活しているようです、稔りの秋の収穫祭も終わり食べ物の変化なのか経年変化によるものなのかメラニン色素の多い餌のせいかどうか分かりませんが渡来した当時よりも頭と体の一部や羽の色が濃くなりました、年頃のお嬢さんが色気づいてきたのでしょうか、今日は最近のグルメ生活の生態の一部です。

1131 実りの秋の紫式部を沢山食べた後なのか?嘴の中に手品のネタが入っています

1311 次から次に出します、ファインダーを覗いている時は鳴いているかと思いましたが鳴き声が聞こえないので不思議に思っていました。

1821 七回目位これが最後です、喉の奥にあります、舌も使って器用に出します!

1841 喉の付近にホクロが出来ました、種明かしはペリットのように吐き出した紫式部の種です、何回も何回も出したので紫七部かも?

218木の高さが1・5m位の小さな木です、鈴なりの実を付ける紫式部からは約10m手前です、 このコムラサキの実は殆どありません、こちらの方が美味しいのか貴重な二粒を見つけて喜び勇んでいるように見えました。

2190

濃紫色の小紫を採食のようです、お嬢さんには紫がお似合いです。

2441

暫く藪の中に潜っていたと思っていたら突然にコムラサキの枝にとまりました、自慢そうな顔つきの嘴の先に年末ジャンボ宝クジならぬナメクジを突き出しました、ナメクジも頭から二本の角を突き出していますが今年はツキが無かったようです、藪から棒のようなナメクジの話です。

|

« 斑二乗鶲 | トップページ | 水鶏 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

白いお嬢さんが口の中からコムラサキの種を使ってのマジック、紫とシロが相まって綺麗です。ナメクジはちょっといただけませんが!

投稿: tokko | 2010年12月13日 (月) 17:24

tokkoさん
こんばんは
マジックショーはお気に召して頂きありがとうございます。
滅多に撮れない貴重な写真が万人に好まれるとは限りませんね!

投稿: ken | 2010年12月13日 (月) 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 斑二乗鶲 | トップページ | 水鶏 »