« 日の出のツル | トップページ | 吉野ヶ里の野鳥 »

2010年12月 9日 (木)

吉野ヶ里遺跡の頬白

段々在庫の写真が少なくなってきました、今日は吉野ヶ里歴史公園を案内しながら園内に棲息する野鳥を撮りましたが今回はホオジロ♂です。 卑弥呼の邪馬台国は魏書の「魏志倭人伝」の中に出てきますがそれが吉野ヶ里遺跡を中心とする九州説と近畿説の大和纒向遺跡なのか日本最大の謎はいまだに決着はついていませんが見学した時期は「よみがえる邪馬台国」の特別企画展を開催していました、吉野ヶ里と奈良県纒向遺跡の両方の出土品(葬送・鏡・武器・祭祀・装身具・銅鐸など)を展示していましたがその違いは素人には判り難いものがありました、邪馬台国はどこか?永遠のロマンに終止符はなかなかつきません。

9680

吉野ヶ里遺跡にはこのような木組みの上に鳥を模った門が数箇所みられます、現地スタッフの説明では鳥居の原型だそうです、鳥は天と地を結ぶ象徴、渡鳥や鳥は草木の種子を運んでくるので信仰していたようです、スタッフがこの鳥居の名前を何かと我々夫婦に質問が来たので、すかさずサントリーと答えると先をこされたと面目を潰してしまいました、二羽の鳥居では同じような質問を受けましたが今度は黙っているとニワトリと教えてくれました、考古学を学ぶ若い人のジョークも我々と同じレベルでした。

410

吉野ヶ里歴史公園には楓はありません、他の観光地で見た紅葉がありません、この時代は実がなる木があったが鑑賞用の紅葉は後の時代のようです

412

4160 ホオジロ雄が我々に向ってチチチと鳴いた気がしました、昔聞いた僕は泣チチチを思い出しました

5110 今度は潅木の中です

5141 トリムすると茶髪でした

5280 秋景色の中のホオジロです

|

« 日の出のツル | トップページ | 吉野ヶ里の野鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ケンさん、朝からサントリーとニワトリに座布団3枚です。パソコンに向かって爆笑です。

投稿: tokko | 2010年12月10日 (金) 07:01

tokkoさん
こんにちは
日課(ニッカ)の親父ギャグで座布団をサントリーで恐縮です。サントリーの旧社名は寿屋で社長は鳥井さんです、ニッカウイスキーは日本果汁の略でニッカです。

投稿: ken | 2010年12月10日 (金) 16:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日の出のツル | トップページ | 吉野ヶ里の野鳥 »