« 日本の秘湯を守る会・黒川温泉・新明館 | トップページ | 西伊豆の夕日と富士 »

2011年1月 1日 (土)

七種の鶴で新春を寿ぐ

新年明けましておめでとうございます

本年も旧年同様に宜しくお願い致します

古来よりめでたいことの起こる前兆とされ瑞鳥と言われる鶴です、「鶴は千年 亀は万年」と言われるように鶴は長寿を象徴する吉祥の鳥、「雀千声 鶴一声、一、 略して 鶴の一声」「掃き溜めに鶴が下りたよう」などのことわざ・格言のある鶴です。

今年は瑞鳥のツル七種で新年のお慶びを申し上げます。

世界には15種の鶴がいますが日本で見られるのは普通は3種と言われますが稀に渡来する鶴を入れると7種になります。北海道釧路湿原で絶滅の危惧から千羽以上まで回復して生息・繁殖している丹頂鶴と冬鳥としてロシア方面から鹿児島に毎年1万羽以上渡来するナベヅルと約千羽のマナヅルの三種、極く小数が渡来するクロヅル・ソデグロヅル・カナダヅル・アネハヅルを入れて合計7種です。 鹿児島県出水市に三年連続で遠征して三年前にソデグロヅルに会えましたが過去二年間は来ていません、昨年はクロヅルがようやく撮れましたがアネハズルの初撮りもまだです。ソデグロヅルは大きいので「鶏群の一鶴」の諺のように見つけ易いが一万羽以上いるナベヅルの中からクロヅル・カナダヅル・ナベクロ(ナベヅルとクロヅルの交雑種)を見つけるのは自分ひとりでは容易では有りません。今年も11月以降にアネハヅルが渡来したならば遠征したいと思います、3年前に折角会えたソデグロヅルは数時間待ってようやく羽を広げて飛び立つ時に袖黒が見えた直後にレンズが故障して撮り損なった悔しい思いがありますので渡来した機会にはリベンジを考えています。このような思いを持ちながら心配事もあります、広い農耕地でもツルにとっては狭い田んぼに1万羽以上もやって来た鶴に最大の危機が訪れています、ネットや新聞などで報道されているように強毒性の高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1がナベヅルの死骸から検出され、12月19日以降に11羽のナベヅルの死骸が発見されたそうです、ロシアからのナベヅルの大半がここ出水市に集中して越冬していますので越冬地の分散化はかねてからの課題でしたが出水市でも荒崎と東干拓に分散化しているが過密化は解消されていません、国内のもう一ヶ所の本州唯一のナベヅル越冬地である山口県周南市八代では平成元年65羽、6年27羽、22年7羽と渡来してくるナベヅルが逆に年々激減しています。今回のナベヅルとマナヅルのH5N1ウィルス感染死は越冬地分散化の課題を浮き彫りにしています。鳥インフルエンザの問題は養鶏農家への対応・対策など大きな問題になっていますので宮崎県の二の舞にならないように願っています。出水市の地元中学生によるツルの渡来羽数調査は12月11日の観測を最後に年内は中止されました、今期はナベヅル11953羽マナヅル1035羽クロヅル9羽カナダヅル7羽ナベクロ(ナベヅルとクロヅルの交雑種)2羽合計13006羽が公式の記録になりましたががネット情報では12月24日までに11羽が鳥インフルエンザで落鳥しているそうです。瑞鳥といえども悲喜交々、政局と同じように問題山積で拡大懸念、尊い命の人間も生物の一員、COP10・生物多様性の次は生物多難性?の年のはじめです。

2341_2

番二組のタンチョウの愛の鳴き合い、呼気が白く見えます。朝日が上がった直後に赤い呼気が撮れると最高です! 撮影2010・2・16

5801

餌場の監視所近くでナベヅル一家と鶴の一声、もっと小麦をとコォ(乞ぅ)!撮影2010・11・25

08121_204

マナヅルの親子、後方右はソデグロヅル 撮影2008・12・1

08121_138

遠いソデグロヅルのトリミング  撮影2008・12・1

081212_036

中央の顔が赤い(ハートの形)カナダヅル 撮影2008・12・1

3831

クロヅル 撮影2010・11・25

_dsc24201

アネハヅルはまだ未見です番外に美しい篭脱けのホオジロカンムリヅル、黄金色の稲穂の前で黄金の冠が光ます、何かに驚いた様子で頸毛立ちです。どのツルにも撮影時の思い出があります。 撮影地千葉県 2008・8・28

|

« 日本の秘湯を守る会・黒川温泉・新明館 | トップページ | 西伊豆の夕日と富士 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
撮影場所でお逢いしましたら宜しくお願いいたします。

投稿: TSUCHIYA | 2011年1月 1日 (土) 11:27

ケンさん明けましておめでとうございます。
年の初めから瑞鳥7種見せていただき、なにか
いいことありそうです。

投稿: tokko | 2011年1月 1日 (土) 15:43

新年明けまして おめでとうございますm(__)m めでたい 鶴さんで幕開けですね♪
ホオジロカンムリヅル あこがれていましたぁ~♪是非会ってみたいです(^^)
もちろんケンさんにも 又お会いしたいです(*^^*)今年も宜しくお願いしますm(__)m

投稿: ミント | 2011年1月 1日 (土) 21:11

 ケンさん こんばんは!

 新年明けましておめでとうございます。
 鶴も豊富ですね 流石!

 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

投稿: 風のむろさん | 2011年1月 2日 (日) 19:50

ケンさん、あけましておめでとうございます。
昨年は何かとお世話になりました。
ことしも不躾なお願いを多々するかも知れませんが、何卒よろしくお願いいたいます。

今年もどこかでお会いできることを期待しています。

投稿: いなサン | 2011年1月 3日 (月) 01:37

TSUCHIYAさん

明けましておめでとうございます
年末年始で西伊豆へ二泊三日の家族旅行の帰りに箱根路で大学駅伝往路終了後の渋滞で遅くなりご挨拶が遅くなりました。
本年も宜しくお願い致します。

投稿: ken | 2011年1月 3日 (月) 04:20

tokkoさん

新年あけましておめでとうございます

瑞鳥が瑞兆になると正夢ですね!

本年も宜しくお願いします。

投稿: ken | 2011年1月 3日 (月) 04:24

ミントさん

明けましておめでとうございます
アフリカのホオジロカンムリヅルが何故か一番の近在で撮りました。
今年もどこかのフィールドでお会い出来る事を楽しみにしています。

投稿: ken | 2011年1月 3日 (月) 04:29

風のむろさん

明けましておめでとうございます
鶴もまだアネハヅル一種が未見です
今年もツルが楽しみです

本年も宜しくお願い致します。

投稿: ken | 2011年1月 3日 (月) 04:33

いなサン

明けましておめでとうございます

昨年はこちらこそお世話になりました

本年も宜しくお願い致します。

投稿: ken | 2011年1月 3日 (月) 04:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の秘湯を守る会・黒川温泉・新明館 | トップページ | 西伊豆の夕日と富士 »