« 初天神と鷽替え神事 | トップページ | 紅梅と虎鶫 »

2011年1月26日 (水)

榎の実と小桑鳲

小桑鳲、小鵤、小斑鳩などコイカルの漢字はどれが本命なのかよくわからない、今までコイカルを撮影したつたない経験ではコイカルはイカルの集団の中に少数が混群の中にいて見つけるのに厄介なコイカルでした、今年も都内のK公園に二羽いると聞いても出かける気がしなかったのはイカルの群れの中からコイカルを見つけるのに時間が掛かるので敬遠していたからです、この横浜市内の公園でコイカルが単騎で榎の実を採食するのは極稀な出来事です、一週間前の午後12時半頃から約40分間の撮影ですがその時はカメラマン約40人、カメラマンは多いが榎の実が少なくなってきていました。

0200 榎は枝の多い木→枝の木→エノキに由来する通り枝が多くコイカルの全身を撮るのが難しい

0320 残り僅かの榎の実を求めてコイカルがカルガルと枝を渡り歩く

816 数が少ないのに選んでいるの?

10450 あ~あれを食べよう!

11901 細い枝に載って行くので枝がしなる、時には逆さまになっての採食も見せる

12051 約40分間一羽で貸切の榎でかなり採食したようだ、カメラマンによっては朝から半日待っての撮影となる、撮影日は午前中はトラツグミを撮ってからこのコイカルの場所に来たがそれでも1時間半は皆さんと談笑しながらコイカルが榎に食事に来るまで待機した。

|

« 初天神と鷽替え神事 | トップページ | 紅梅と虎鶫 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初天神と鷽替え神事 | トップページ | 紅梅と虎鶫 »