« 紅梅と白腹 | トップページ | 相州の紅猿子 »

2011年1月29日 (土)

湖岸の緋連雀

群れで行動する冬鳥のヒレンジャクは粘々のヤドリギの実を食べた後には集団で水飲みに薄氷が着岸した湖岸に水飲みに降りてきます。

2001 ヤドリギの粘々した実を食べた後に暫くすると群れが湖岸に降りてきます

2081 その後からも仲間が飛んできます

2361 先に水を飲んだヒレンジャクからお先にと言ったかどうかわかりませんがヤドリギに戻ります

3901 旨そうに水飲みです、水面に顔を入れて水を飲み上を向いて流し込みます

532 稀には一羽で湖岸に降りてきたヒレンジャクをトリムしました

« 紅梅と白腹 | トップページ | 相州の紅猿子 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ケンさん、おはようございます。関西でも今京都にレンジャクがきています。緋がほとんどですが、黄も相当混ざっていました。

tokkoさん
おはようございます
京都には黄がいますか!
関東では私はまだ黄をみていません!
いつ入るか気が黄ではありません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅梅と白腹 | トップページ | 相州の紅猿子 »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ