« 諏訪流放鷹術の実演 | トップページ | 伝統文化の鷹狩り実演に観客が参加 »

2011年1月 5日 (水)

放鷹術:振り鳩と渡り

昨日の続きです、放鷹術の振り鳩の実演です、一人の鷹匠が細紐をつけた鳩を振り、他の鷹匠の拳から鷹を呼び寄せ、鷹が近づいたところで鳩を投げ上げ、空中で鳩を掴ませる実演です。

2041 説明を聞いているうちに気が付いたらオオタカが既に鳩を捕まえて地上に下りた直後でした。

2101周囲に鳩の 羽が飛び散っています

2121 鳩は観念した様子、オオタカは鷹匠の方を見ています。

2200振り鳩の 実演終了後の大橋鷹匠とオオタカ

2230 今度はハリスホーク(和名:モモイロノスリ)を門下生が投げ出すようにハリスホークを放つ

2821

木にとまったハリスホークが地上すれすれを飛び門下生の拳に戻る

3070

生餌を目指して舞い戻る、木に止まっていた鷹を拳に呼び戻す実演名は「渡り」でした。この続きはまた明日!

|

« 諏訪流放鷹術の実演 | トップページ | 伝統文化の鷹狩り実演に観客が参加 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 諏訪流放鷹術の実演 | トップページ | 伝統文化の鷹狩り実演に観客が参加 »