« 緋連雀 | トップページ | 柳と紅猿子 »

2011年1月10日 (月)

外来二種

外来二種と言っても外国人の二種免許ではありません、中国南部・アジア南部などから囀りや可愛い姿を愛玩する目的で輸入された外来種の籠抜けが鳥が自然繁殖したものです。中国と言えば昨日のヒレンジャクが食べていたトウネズミモチは中国原産であると読者のNさんからご回答をいただきました、ありがとうございました、日本原産のネズミモチに対して唐の国から来たのでトウネズミモチと言うそうです。

4420 彩の国でベニマシコを撮影中に茂みから目の前に出てきました、ソウシチョウは鑑賞用やペットしてのその昔に竹籠に入れられて渡来したと思われる唐来品がいつしか篭脱けして野生化したものです。

4500 日本原産と異なり見返り美人の姿を見せてくれませんでした、唐の国では見返りの美しい姿を尊ぶ習慣はなかったのでしょうか

4421それでは赤い嘴を思いっきり拡大して 綺麗な小鳥さんを見ましょう、背景のボケは枯れ芦原です、スズメよりも大きいL15cm。この可愛い小鳥さんも繁殖力が強いので生態系や在来種に影響を与える特定外来種である。

1900

彩の国でもソウシチョウを撮影中にかなり大きな声で鳴いていましたが姿は見せません、こちらは鳴き声を楽しんだと思われるガビチョウです、写真は年末にルリビタキを撮影中に武蔵野国の公園の茂みにいたものです

1930

いつもは木の上で囀っている様子を見ましたが、落葉の中では同化して見えます。かご抜けの移入種であるガビチョウも生態系や在来種に影響を与える特定外来生物で今では輸入・飼育が禁止されている。

1810

近づき過ぎてピンアマになりました、特徴ある白いアイリングと過眼線、焦げ茶色の目がなんとなく不気味に見えますが森の梢で鳴く大きく高い声量の持ち主です、ソウシチョウより大きいL24cm

|

« 緋連雀 | トップページ | 柳と紅猿子 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ケンさん土曜に京都二条城で行われていた諏訪流放鷹術を見に行ってきました。ケンサンのブログで見せていただき一度見たいと思っていました。感動しました。

投稿: tokko | 2011年1月10日 (月) 08:24

tokkoさん おはようございます

二条城でも放鷹術の実演があるのは知りませんでした。過去3年間は毎年正月3日に浜離宮に見物に行っていました、諏訪流も流派が別れているようですね、機会があれば二条城の放鷹術の実演も見たいですね。

投稿: ken | 2011年1月10日 (月) 09:42

外国人の2種免許・・・(^^;
本当に・・・面白い!!
ケンさんは色々な言葉を巧みに操りますね♪(^^)
ソウシチョウもガビチョウも普通に・・いますね。ホンセイインコも・・(^^;

投稿: ミント | 2011年1月13日 (木) 22:32

ミントさん
おはようございます
ガビチョウの仲間のカオグロとカオジロガビチョウの2種はまだお目にかかっていません、ミントさんにもまだ今年はお目見えしていませんね、どこかのフイールドでお会いすることを楽しみにしていますhappy01

投稿: ken | 2011年1月14日 (金) 04:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緋連雀 | トップページ | 柳と紅猿子 »