« 横綱の緋連雀 | トップページ | 紅白(赤腹と白腹) »

2011年1月19日 (水)

紅梅と虎鶫

紅梅と虎鶫、紅梅と言えば当時では子供のお子遣いの大金であった10円の紅梅キャラメルの中に入っていた野球カードを集めて景品のバットやグローブを交換した人生の蕾時代、小学生時代を思い出す、この当時は「野球は巨人、キャラメルは紅梅」のキャッチフレーズが流行っていたが当時の小・中学生にあまりにも射幸心を煽った反動で大人達の不買運動で売れ行き不振に陥り、中学生になった頃に紅梅キャラメルは倒産した、そんな思い出がある紅梅、虎は昨年の干支でまだ記憶が新しい、とても長い年月の隔たりがある新旧の思い出が交錯する横浜市内の公園で蕾の紅梅とトラツグミです。

2123 唯一の枝かぶれの無いものです

0693 遊歩道に横一列で十数人のカメラマンがいますので三脚の位置を左右に動かせません、枝被りを逃げる処置が出来ないほど余地がありませんでした。

0723 正面向きの顔だけは枝被りがありません

0733 枝被りの中で飛んで行きました、昔の記憶もセピア色の部分がありハッキリした記憶がありませんが写真はハッキリしないとこのような証拠写真になります。

|

« 横綱の緋連雀 | トップページ | 紅白(赤腹と白腹) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横綱の緋連雀 | トップページ | 紅白(赤腹と白腹) »