« 万作の花と瑠璃鶲 | トップページ | 画眉鳥 »

2011年2月10日 (木)

黄連雀

二月二日に鳥友から近距離で写した竜のひげを啄ばむキレンジャクの写真が送られてきました、今年はまだキレンジャクを見ていなかったので場所を教えて戴き翌々日の節分の日に武州の公園に駆けつけましたが、直ぐ近くで撮れる筈がなかなか現われません、平日にも関わらず40人くらい集まったカメラマンも暇を持て余していました、中には諦めて帰る人が出てくる10時過ぎにようやく出たが遠くで梅の木に被れている写真しか撮れない、近くまで来るまで辛抱を強いられ、草被れ枝被りが少なくなるまで更に二時間以上も待った午後一時過ぎから撮影を開始して二時過ぎに公園隣の民家のUHFアンテナ(地デジ)の上にキレンジャクが三羽止まったのを機会に家路につきましたが近くの筈が30mの撮影、この日は聞くのと見るとでは大違いでしたが飛ぶ鳥が相手ですのでこんな日もあります、今年のキレンジャクは初撮りでしたので鳥友に感謝した一週間前のキレンジャクにでした。

031 逆光になるが竜のひげの実を採食する写真が撮れるので大勢のカメラマンとは反対側で4人で撮影、距離30mを手持撮影をしたがかなりトリムしてある。

0511 竜のひげの実を探す様子、この時がキレンジャクの証明である黄色い尾先が一番撮れた

0661 この後草の中に隠れている実を啄ばむ

1721 自慢げに青色の実を見せる

2501 ズームレンズを絞り梅の木に止まる二羽のキレンジャクを枠の中に入れる、この日はキレンジャク・デーでした。3180 民家のUHFアンテナにとまった3羽のキレンジャク、今年7月で停波が決まっているアナログのVHFアンテナにはとまらず地デジアンテナにとまる先進のキレンジャクでした。

|

« 万作の花と瑠璃鶲 | トップページ | 画眉鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 万作の花と瑠璃鶲 | トップページ | 画眉鳥 »