« 緋秧鶏 | トップページ | 田雲雀 »

2011年2月17日 (木)

胸赤田雲雀

5年間で15万6千㌔以上ドライブしていると時々衝撃的な事も起きる、今回は記憶の中で一番の渋滞である、1000円高速の日曜日に帰る予定であったが目的の小鳥さんが日曜日の午後から撮影地の干拓地でラジコン飛行機が飛び始めてから目的の小鳥さんが出なくなり、月曜日まで延長したのが事件に巻き込まれる遠因であった、月曜日寒い曇天の早朝には地元の常連さんが既にスタンバイしていた隣に「お邪魔しますと挨拶してカメラ・三脚をセットした」前日にも隣におられた地元のベテランさんである、時々関東方面に出かけるので参考までに今年関東でイスカの出たポイントを教えて下さいとの質問を受けたのでお答えするとお礼にご本人がこの現場で撮影した珍鳥の写真を参考までにと戴きました、持参した図鑑にもない珍鳥の写真を有りがたく受け取りました、日曜日飛んだラジコンの影響で今朝は出ないよ!と地元の方が叫んでいたのが不吉な予感として耳に残る、午後になると曇り空から小雨が落ちそのうち霙に変わりそして雪が落ちてきて、お隣の方や大半の地元の方は帰り始めましたが、あきらめ力が無いので二時までいましたが雪が激しくなる一方で田んぼにいるツグミを撮影すると雪でボケます、これで撤収を判断しました、京都府宇治市から高速に乗りましたが、この時は既に大阪方面の向う道路は渋滞と通行止めのニュースがラジオから聞こえていました、この時は関西も雪が降ると弱い大都市であるとの感覚しかなかった、深夜12時過ぎに横浜ICを出れば5割引きの深夜料金になると考え、それまでにのんびり帰ろうと赤塚SAで休憩・仮眠をして8時に出発、最後は足柄SAあたりを想定していたが、10時頃に裾野ICを過ぎると渋滞が始まり5,6kmで停滞を始めた、1620kHzの駒岡PAからの放送でもこの先の鮎沢PA付近で凍結防止剤の散布と除雪作業により停滞の放送、渋滞は少しは進むが停滞は全く止ってしまう。御殿場ICまでの残り5km位の間に数百メートル走ると1時間以上の停滞が何回も起きて、3車線の高速道路上で睡魔に襲われて寝てしまうドライバーが出始める、動き出す時にこれらのトラックや乗用車を避けて数百メートルを進むとまた1時間以上の停滞が始まる、高速道路では車外に出ると危険である、問題なのはドライバーの皆さんは用足しはどうしているのか、我慢に我慢を重ねると運転席で腰を上げたり体を捩ったりしても我慢の限界を超える、常用の薬を飲むために2Lの水ボトルが空になっているのを思い出して暗闇の車中で初体験、快感が走るが車は走らない、気分が落ち着いたので御殿場ICの出口まで1kmの所でパソコンをONしてみると電波が繋がる、これまた高速道路上でPC作業の初体験です、午前5時に高速で拘束されてから7時間目、高速に乗ってから15時間以上経っています、鳥友にSOSを3ヶ所打ちました、早起きで有名なMさんから行きたくても下りは大井松田で通行止めだから行けないと返メールが来ました、車中一人の閉塞感に飽き飽きた夜明け前に有り難い便りでした、苦しい時に浮かぶ朝の来ない夜はないと有名な言葉を思い出す一瞬です、一時間前から駒岡PAからの1620Hzでは鮎沢PA付近の除雪と凍結剤散布作業は終了して動き出したと放送しているが1時間も同じ放送聴いていると嘘だろうと思ってくる、実際に流れ出したのは6:15分からであった、走りだしてから今度は燃料計がガス欠ランプの点灯に気付く、高速に乗る前に80L満タンにして時速80kmのエコ運転の筈が400kmの走行で何故なの?残量計の表示は約30kmしか走らないと表示される、これでは大井松田で降りるしかない、ところが走りだしてから残量計を再確認すると走行距離が50kmに増えていたので秦野中井まで持つと判断して大井松田を通過、秦野中井の前で再々確認すると今度は70km走れると表示、横浜ICの前では100km走行可能と表示される、8時間も渋滞・停滞を繰り返したので残量計のコンピュターがこのままでは後30kmしか走らないと計算した結果であることが分った、横浜ICには一時間後の7:15、家には8時着であった九州から16時間で帰って来たこともあるが実に18時間も掛かり九州よりも苦しい長時間ドライブの初体験、人生長いこと生きていると初体験が未だに起きる。①高速上車中のペットボトル活用②高速上の居眠り停車発見③高速上のメール受発信④燃費計のカラクリ発見などでした、目的の小鳥を空振りした上に大雪の被害で長時間運転を強いられ数々の初体験をしてきた波乱万丈の一件落着の長いブログでした。写真は干拓地の土を掘り起こした田んぼに来たタヒバリの中に混在していたムネアカタヒバリ、4,5年前にへぐら島で初見をした二度目の小鳥さんです。

1700

1820

1851

1950

2021

|

« 緋秧鶏 | トップページ | 田雲雀 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

いやはや、とんでもない体験でしたね。
雪が降り、天気が悪くなると、本当どうしようもない感じです。
目的の鳥が撮れない上に、予期せぬ渋滞に巻き込まれる・・・いなサンも程度こそこれほどまでではありませんでしたが、この三連休明けに同じような体験でした。
自然を相手にしているだけに、天気にはどうしてもかないません・・・
いずれにせよ、無事ご帰還、これが何よりでした。

投稿: いなサン | 2011年2月18日 (金) 05:33

いなサンさん

ありがとうございます

お蔭様で無事に生還出来ました

これに懲りずまた頑張ります

投稿: ken | 2011年2月18日 (金) 07:14

ケンさんご苦労様でした。関西まで遠征されてたんですねー私は情報もらいましたが、いきませんでした。ちょっと勿体無い気もしますが、、、

投稿: tokko | 2011年2月18日 (金) 07:16

tokkoさん

おはようございます

関西まで行って完敗でした

これに懲りずにリベンジに行き乾杯したと思います。

投稿: ken | 2011年2月18日 (金) 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緋秧鶏 | トップページ | 田雲雀 »