« 高砂百舌 | トップページ | 朝霜の深山頬白 »

2011年2月25日 (金)

八丈鶫

赤色が薄いと四畳半とか六畳とか揶揄されますが赤色が只のツグミとの中間色もいます八丈鶫です、八丈島の固有種ではありません、冬鳥のツグミの亜種ハチジョウツグミです、前回は二年前の3月に宇治市・巨椋干拓の近くで珍鳥ノハラツグミを撮影した帰りに京都御苑で撮影しました、その時のハチジョウツグミは六畳くらいでしたがこの子は八畳級の赤色です。今回は昨年せんとくんが活躍した平城京遷都1300年と同じように歴史が古い処です、2016年になると朝鮮半島からの渡来人が水田などを開拓した武蔵野国の高麗郡建郡1300年祭が計画されている歴史のある場所に程近い由緒のあるところです。

0980 最初のお立ち台

1030 チョット逆光気味のところです

2071 やはり確認すべきは胸の赤色です

3350 地元の人が作った第二のお立ち台

3400 お立ち台も開拓精神のセンスで決まります、平屋建てから二階建てになり歴史観のある苔があります。

« 高砂百舌 | トップページ | 朝霜の深山頬白 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^
私も行って来ました♪
綺麗なレンガ色の模様ですね!
しかし・・地元の方は・・お立ち台作ったり・・餌上げたり、大変ですね・・(^^;
私はお立ち台に来るまで待機していなかったので、対岸からの撮影でした(^^;

ミントさん

おはようございます
ミントさんも高麗川まで遠征されましたか
行動範囲を広げて野鳥撮影を楽しまれていますね。
過去にハチジョウツグミは何回か見ましたが今回のが一番赤いと思いました。full

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高砂百舌 | トップページ | 朝霜の深山頬白 »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ