« 百舌雌 | トップページ | オカメとメジロ »

2011年3月23日 (水)

百舌の雄

昭和で言えば今年は昭和86年・大正100年・明治143年と思われるが、今回の大震災は千年に一度の頻度の大震災と言われる見方は果たしてそうなのか、ネットのWikipediaなどで調べてみた、今から約1100年前の平安時代・貞観11年5月(869年)に今回の震源域と同じ場所でM8.3の巨大大地震が起こり大津波が陸奥国多賀城下を襲い壊滅的な被害を受け1000人が溺死したと「続日本記」に貞観地震の記録がある。また今から115年前の明治29年(1896年)に明治三陸地大津波が起こり死者21915名行方不明44名、今回の東北太平洋沖地震に匹敵する被害が起きている。これでは大震災・大津波は約1100年に3回となり、明治三陸地震・津波から115年しか経っていない、千年に一度の見方はどうなるのか、自然災害と史上前例のない原発事故が同時に発生している史上最悪の災害であることは間違いない、今朝は早朝から携帯の緊急地震通報がけたたましく鳴りこの音に慣れてきたとはいえ不気味である、さらに朝食時には二度の地震があり強い余震がまだ続く被災地の悲しみと苦しみはいくばかりかはかり知れない。

今日は震災前最後の撮影となったモズの最後の写真です。

0201 モズ雄の飛翔

0211 着地1

0231 着地2

0820 餌捕りの飛び出し

0831 飛び出しのトリム

0850 餌探し

0941 巣に戻る飛び出し

|

« 百舌雌 | トップページ | オカメとメジロ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 百舌雌 | トップページ | オカメとメジロ »