« 山翡翠の漁 | トップページ | 山翡翠の水浴び »

2011年5月12日 (木)

襟巻鷸

鳥友から戴いた情報では埼玉県在住の友達(今年一月の新年会では熊本に帰省中でした)と同じ市内の水田に襟巻鷸(エリマキシギ)がムナグロの群れの中に一羽いるとの情報を先月末に戴きました、現地に行くと広い河川敷の中にはムナグロの群れは数組いましたが親切な鳥友との携帯のやりとりで3組目のムナグロの群れの中にいるのが見つかりました、周囲の水田では田植えが始まっていましたがまだ田植え機がまだ入らない田んぼにいました。

1261 水の張ったところに来るまで相当待たされました

1361 ムナグロの脇で採食です

2601 常にムナグロと一緒です

2281 何かに驚くとムナグロと一緒に飛び立ちます、ムナグロの群れの中を飛ぶとひとまわり大きい、ムナグロは雌雄ともL24cm、エリマキシギは雄L32cm雌L25cmと雄が大きいがこの子は雌の大きさ?

2621 ムナグロの群れがいっせに飛びすとエリマキシギも一緒に飛び出す

4251 エリマキシギの幼鳥か雌と思われるがいつも苦手なシギには判別を悩まされます。

|

« 山翡翠の漁 | トップページ | 山翡翠の水浴び »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

>親切な鳥友との携帯のやりとり
 親切な鳥友が居て良かったですね
 ケンさんの人徳でしょうか?
 私は一匹狼で動いていますので
 鳥友から情報は入りません
 羨ましいです(^0^)

投稿: 老婆 | 2011年5月14日 (土) 02:36

真の一匹狼とは誰も行かない場所、誰も居ない場所を専門に熊を警戒しながら一人で撮影する人です。

鳥撮りはメル友・仲間からの情報、インターネットの情報、現場では第一発見者、餌つけした人、大勢集まる場所の仕切り屋さん、遠征地では現地の鳥撮りさんなど
この6年間毎日のようにどなたかのお世話になって来ました、これからもお世話にならなければ継続は不可能です。

投稿: ken | 2011年5月23日 (月) 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山翡翠の漁 | トップページ | 山翡翠の水浴び »