« 稚児隼 | トップページ | 遠い赤翡翠 »

2011年6月12日 (日)

山の長元坊巣立ち雛三兄弟

今日はあの懐かしい一世を風靡したリンゴの唄、敗戦後(一般に終戦と言いますが正しくは戦争に負けたから敗戦です)のリンゴの唄からはじまり、最近は地元が売り込んでいる信州リンゴ三兄弟そして信州山の長元坊三兄弟の写真が締めとなるお話です。

赤いリンゴに 口びるよせて♪
だまってみている 青い空♪
リンゴはなんにも いわないけれど♪
リンゴの気持は よくわかる♪
リンゴ可愛
いや 可愛いやリンゴ♪

戦後ヒット曲第一号となった並木路子が歌った「リンゴの唄」は昭和20年敗戦後の日本人の心を癒し救った歌です。この時代のリンゴといえば紅玉と国光が二大品種でした、あれから66年も経ち、昭和でいえば昭和86年です、3月11日未曾有の東北大震災後3ヶ月経過しても被災地の苦悩は癒えず原発の終息がまだ見えて来ない、そして今日で三ヶ月となったその翌日に起きた長野県北部地震(栄大地震)の被害状況を先週末に現地を訪れて初めて知った震度6の悲惨な爪跡、生活道路の崩落・陥没・数えきれない亀裂などの本格的な修復工事が6月13日からようやく始まる。

信濃路の小布施ハイウェイオアシス(道の駅オアシスおぶせ)で見た地元農家の直売所のポスターに「秋映 あきばえ」濃い赤が夕焼けを思わせる甘みと酸味のバランスが絶妙「シナノスイート」鮮やかな赤色に色づき強い甘みとジューシーさが魅力「シナノゴールド」黄色に色づき甘みと酸味のバランスとパリッとした食感が特徴、最近の信州りんご三兄弟のキャッチフレーズが目にとまりました。三兄弟といえば信州の山の長元坊です、先週末は巣立ち雛の三羽が巣穴の周囲で親から給餌を待っていました(地元では雛は四羽とも言われていますが当日は三羽しか確認出来ませんでした、本当に四羽でしょうか?)

1081 地元の監視員がこの子が一番子と教えてくれました、一番色が白いように見えます

1181 暗い崖下にいたこちらが二番子です

3071 三番子の場所です、三番子が親から餌をもらったのを見て右側から白ぽぃ左の一番子が飛んできて兄弟二羽並びになりました

2511親が三番子に与えた餌を兄弟仲良く採食かと思いましたが 一番子と三番子が餌の取り合いの始まりです

283 手前のお兄ちゃんに餌を奪われて奥にいる三番子がなんとも情けない顔をしています。

5481 暫くするとお腹が空いた一番子と三番子がキィキィキィと鳴いて餌をねだっています

5641 真ん中の親が獲物を持って来て三番子に与えました、この雌親は別の場所で標識を付けられて成鳥になりこの場所でつがいになり崖下に営巣したようです、雄は標識を付けていないそうです。

5831 またお兄ちゃんが餌を奪うようです、ハヤブサの給餌は雌親が捌いた餌を食いちぎってそれぞれの雛に給餌しますがチョウゲンボウは獲物の餌をそのまま与えていきますので兄弟で餌の取り合いが始まります。

|

« 稚児隼 | トップページ | 遠い赤翡翠 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ここのチョウゲンボウは確かに4羽の子供です。
今年、チョウゲンボウハヤブサの子育てに
惹かれ8回も通ってしまいました。
まぁ、地元のほぼ毎日通っておられる方に
比べたら可愛いものですが。

ブログ以前より、密かに拝見しておりましたhappy01
チョウゲンボウの可愛い姿に反応して
書き込みしました(^。^)
これからも、楽しみにしています。

投稿: じもら~ | 2011年6月12日 (日) 20:38

こんばんは^^
私達も、小布施ハイウェイオアシスによりました♪
チョウゲンボウは崖まで行かれたのですか?ケンケンが時間があれば 寄って行きたかった・・・と 申しておりました(^^)

投稿: ミント | 2011年6月12日 (日) 22:10

じもら~さん
おはようございます
やはり4羽でしたか~~~
地元の方も4羽の雛が巣立ったと言われていましたが当日は3羽しか確認出来ませんでした、ハヤブサ3兄弟も巣立っ後は3羽の確認は出来ませんでしたshock
8回も通われたそうですが私は山崖に因んで3回でした。
これからも宜しくお願いしますm( _ _ )m

投稿: ken | 2011年6月13日 (月) 05:15

ミントさん
おはようございます
現役の方は時間の制約がありますが
年寄りはお迎えが来るまで時間が有ります
信州には4日から10日までの滞在です現役の方でしたら大罪です。
小布施ハイウェイオアシスPは「道の駅オアシスおぶせ」と隣合わせのPです、ここはネットに繋がる場所です、ここのPからブログを更新しました♪

投稿: ken | 2011年6月13日 (月) 05:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 稚児隼 | トップページ | 遠い赤翡翠 »