« 黄色の濃い真鶸 | トップページ | 巣立ち梟 »

2011年6月24日 (金)

食い違い嘴のムシクイ

嘴の先が食い違っているように見えたので拡大してみました、本当にイスカのように食い違っています、虫を摘み易いような細く鋭い嘴の先が食い違っています、ムシクイ類は姿・形が似ているので識別が難しい上に嘴の先端が交差しているとは、交喙の嘴である。物事が食い違って合わないことを「イスカの嘴の食い違い」というそうですが、このムシクイは図鑑とは食い違っています、無視するならば虫喰違い(ムシクイチガイ)で程度で済みますが・・・目細なのか仙台なのか、はたまた蝦夷なのか知りたいものです、またはこれらの奇形なのか、新種なのか興味津々です。撮影地 5月19日舳倉島

0642 嘴の交差がハッキリ確認出来ます

0641 上嘴は黒褐色下嘴は肉色、眉斑は黄白色で長い、足の色は肉色で目細かな?

0621 微かに頭央線のような感じが見えます、仙台かな?上から見た長い眉斑は白っぽく見えます、嘴も食い違いが明確に見えます

0600 腹の色は白っぽく見える

0710広げた 羽の色は黄緑に見える

|

« 黄色の濃い真鶸 | トップページ | 巣立ち梟 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黄色の濃い真鶸 | トップページ | 巣立ち梟 »