« 島梟のヘルパー | トップページ | 隼の飛翔 »

2011年7月26日 (火)

野付半島の小葦切

シマフクロウを撮影した翌日は朝一番に知床峠の羅臼側の入口、キャンプ場の前にある熊の湯温泉で身体を目覚ました後に鷲の宿で朝食、同宿した関東4人組とここで別れその後に野付半島に向ったが途中の野付半島の根元にある標津町でWeb作業(羅臼町はネットに繋がらない)メールをチエックしてから野付半島に向う。小鳥はノビタキ・オオジュリン・ベニマシコなどを見かけるが花にとまる良い写真が撮れない、撮れたのはコヨシキリと馬車道のヒバリだけであった。

0462 昨年の枯れたエゾノシシウドで囀る

1780 まだ花が開いていないエゾノシシウドとコヨシキリを縦切りにトリム

2011

向きを変えての縄張り宣言

219 まだ花の咲かないハマナスの木にも来た

Koyoshikiri2510

そして最後は枯れ木の上でも囀りで気を吐く

Koyoshikiri_2520

力を入れると羽も開き一生懸命にトドワラの草原で囀る

|

« 島梟のヘルパー | トップページ | 隼の飛翔 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島梟のヘルパー | トップページ | 隼の飛翔 »