« サロベツの爪長鶺鴒 | トップページ | 熊啄木鳥の飛翔 »

2011年7月16日 (土)

熊啄木鳥の給餌

昨日は車の6ヶ月定期点検に行ってきたがエンジンオイルの交換だけで済んだ、今回の北海道遠征では道内だけで4378km走行したが二ヶ月前に交換修理したATとトルコンは快適であった、修理前には登坂出来なかった峠や丘の上りは夜でも「ヒルクライム」と快調に登ったのである。今年は3ヶ所目にしてようやく撮れたクマゲラの給餌です。

0790 こんなにも慎重に給餌をする雄親をはじめてみました、キョーン、キョーンと甲高い鳴声で警戒する相手はカラスです、キツツキの中で最大のクマゲラは大きいと言ってもL46cm、ハシボソカラスはL50cm、ハシブトカラスはL57cm

1020 周囲を警戒してからようやく給餌です

1070 給餌中も警戒しています、雛は雄と雌の各一羽でした、巣立ち五日前の様子です。

1170 とにかく給餌の時間よりも警戒の時間が多い雄親です、雌はこの時期は神経質になっていたのか一度も給餌には来ません

1460 雛が待ちきれなくてもカラスの警戒を怠りません。

1510給餌の時は常時 左右と上を警戒しています、用心深い親鳥のお蔭でこの日から五日後には無事巣立ちしたと聞いています。

|

« サロベツの爪長鶺鴒 | トップページ | 熊啄木鳥の飛翔 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サロベツの爪長鶺鴒 | トップページ | 熊啄木鳥の飛翔 »