« ギンザンマシコ | トップページ | アカエリカイツブリ »

2011年7月 8日 (金)

チゴハヤブサ

昨日は快晴の知床峠で一日中ギンザンマシコをひたすら待ち続けました、朝四時から13時間後の3時過ぎに距離18mに初めてでました、その後遠くに1回と15時間で二回だけでした。 今日は先日撮影した火の見櫓のチゴハヤブサです、東川町にある開拓時代の半鐘とサイレンを兼ね備えた近代の火の見櫓とチゴハヤブサの撮り合わせが妙な感じがしました。

0691 直ぐ近くの営巣木では雌が抱卵中です、日に2,3回この雄が雌に給餌に行く時以外は動きがありません、狩に行って留守している以外はこの火の見やぐらで監視をしています。

0800 開拓100年の半鐘?と消防団の一員?のチゴハヤブサの見張り

|

« ギンザンマシコ | トップページ | アカエリカイツブリ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^
すごいですねーーーー!!kenさんは!
南の島から北の大地まで!フットワーク軽いですね♪って言うか・・家に帰ってますか??(笑
ケンさん、じたいが鳥さんなのでは?
人生楽しんでますね(^0^)素晴らしい♪

投稿: ミント | 2011年7月 8日 (金) 23:17

おはようございます♪

いつも元気をいただきありがとうございます
たいした収穫もない内に北の大地に来て
3回目の土曜日を迎えました^^
季節も巡り横浜もそろそろ梅雨明けでしょうか?
年老いた渡り鳥も帰巣本能は忘れていませんので羽休めに帰浜の時期が近付いてきました。

投稿: ken | 2011年7月 9日 (土) 04:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ギンザンマシコ | トップページ | アカエリカイツブリ »