« 8月のサロベツの野鳥 | トップページ | 旭山動物園その1 »

2011年8月16日 (火)

特別天然記念物・丹頂鶴

北海道旅行中に釧路市鶴丘にある丹頂鶴自然公園に今夏三度目の観覧をしてきました、ひと月前の7月に訪れた時よりも雛は大きく成長していました、あとひと月もすれば親と同じくらいの大きさになり、飛ぶ練習を始めると思います。釧路湿原を探勝すればタンチョウの親子は直ぐ見付かると思いますが自然の中ではこんなに近くでは観覧出来ませんので孫にはここが初めての特別天然記念物のタンチョウでした。

6590 雛がいる自然環境を模したケージの前で暫く待っていると葦原の中から親と一緒にあらわれました。

6600 ハッピネス!両親に大事に育てられている様子が分ります

6651 こんなに大きくなってもまだ給餌は嘴移しです

6701 この雛は6月21日頃に孵化したそうです、9月には飛ぶ練習を始めて100日後の10月初め頃には親と同じくらいの大きさになり飛べるようになるようです

7011 ケージの中ですくすくと育っています、ここから6km離れたところにある釧路市動物園でもこの様に保護増殖事業を進めているそうです、昭和27年には釧路湿原には33羽確認されたのが平成20年には北海道産タンチョウ生息数は1200羽を超えたそうです。冬は阿寒国際ツルセンターが人気がありますが夏は雛が真近でみられるこの自然公園が魅力があります。 24-120mmレンズとD300で撮影

|

« 8月のサロベツの野鳥 | トップページ | 旭山動物園その1 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8月のサロベツの野鳥 | トップページ | 旭山動物園その1 »