« 蝦夷の鎧草と河原鶸 | トップページ | 大寿林と花と蝶 »

2011年8月26日 (金)

鳥名がわかりません

ワッカ原生花園の東に向うサイクリングBコースで旧湖口を過ぎて右手のサロマ湖の湖水が見えなくなると出発点のネイチャーセンターから5.5kmの折り返し点があります(サイクリングコースを再掲します)

Cyclingbig1

この折り返し点付近のサロマ湖側でホオジロ類雌のような幼鳥のような若鳥を見つけました最初はオオジュリンの幼鳥と思いましたが・・・鳥名がわかりません。

12271

12301

12401

12421

12621

嘴の形から図鑑でホオジロ類の雌を調べてみました、最初にホオジロ雌から始めてオオジュリン、ミヤマホオジロ、カシラダカ、アオジ、シマアオジ、クロジなどを調べ次に大きさと色の似ているビンズイなど見ましたが結果はこの鳥の正体は不明でした、自分の不明を恥じる今日のブログです。

|

« 蝦夷の鎧草と河原鶸 | トップページ | 大寿林と花と蝶 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ケンさん、こんちわ〜
北海道シリーズが続いてますね。
この鳥さん、いなサン的には、ニューナイスズメのメスの幼鳥ではないかと思うのですが、いかがでしょう?

投稿: いなサン | 2011年8月26日 (金) 11:27

いなサン

こんにちは~~
早々の一報をありがとうございます
ケンさんも7番目にニュウナイスズメを
図鑑で見ましたがどの図鑑も幼鳥が少なくあまり載っていません、しかも雌の嘴が黒いので見過ごしましたがあらためて見ると図鑑では嘴の根元が肉色とありますので、写真の幼鳥はまだ嘴の色が全体が肉色ですね、眉斑の色と形もニュウナイの雌に似ています。北海道シリーズはまだ続く予定です。
ありがとうございました。

投稿: ken | 2011年8月26日 (金) 13:10

けんさんお久しぶりでした!まだ道内にいるんですか!札幌にも是非遊びに来てください。 またまた新種ではないですか!ホオジロの突然変異的な亜種では! でも、私も毎年天売島や、実家の登別に帰る途中に寄り道する白老で、毎回調べてもわからぬ鳥さんに出会います。特に白老は、なぜここに?という熱い鳥さんがいます!
この鳥さんは今年生まれたのでしょうかね 謎がまたロマンですね~

投稿: 赤々ショウビン | 2011年8月30日 (火) 00:40

赤々ショウビンさん
おはようございます お久し振りです!
鳥友からはニュウナイスズメの幼鳥雌ではないかと判定を頂きメールでも写真添付でニュウナイの情報を戴いております。どの鳥でも幼鳥の判定は難しいですね。現状のブログは6/20~7/11まで北海道遠征中に撮影した野鳥です、直近のタスオ池の野鳥は苫小牧で最終日に撮影したものです、教えて頂いたポイントの千歳川のヤマセミは7月11日早朝に行きましたが姿を見たが撮れませんでした、その旨を現地でPCからメールを二回送信しましたが受信が不能のようでした。
ありがとうございました、今後とも宜しくお願いします。smile

投稿: ken | 2011年8月30日 (火) 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蝦夷の鎧草と河原鶸 | トップページ | 大寿林と花と蝶 »