« 泉の黄鶲 | トップページ | 渥美半島の鷹の渡り »

2011年10月13日 (木)

黄鶲のカップル

渥美半島・伊良湖岬恋路が浜に10月10、11、12日と遠征してきました、別の場所でタカの渡りを撮影した4時以降は夕暮れ迫る恋路が浜のベンチで一人ビールを片手に佇む、浜辺の前を流れる黒潮の道、見上げる空に渡る鷹の道、目の前を男女のカップルが愛をかたる道、体育の日の夕暮れ時に十数組のカップルが恋路が浜の「愛の鐘」と「願いのかなう鍵」に向う、それぞれのカップルがそぞろ歩くのを見ながらワンカップのビールを飲む、堂々と前を見据えながら愛の鐘に向う女性、後ろに俯きかげんの男性。珍しいのは逆に男性がこちらを一瞥しながら前を後ろにうつむき加減の女性がしおらしいがこんなのは滅多に見られない。昔自分達の時代はアベックと呼んだ、男が恋い恋いと言うと女が愛愛と応えて付いて来るこれを恋愛と言う時代であった。今は肉食系女子に誘われたのか草食系男子と思われるカップルがここ恋路が浜を闊歩する時代の変遷、藤村の椰子の実の詩がいつも懐かしく思う年になった。 前フリが長くなったが今日は先週末撮影のキビタキのカップルです。

キビタキの出会い茶屋は泉の水場です、カップルの出会いは渾渾と湧く泉でした。

1271

まだ眉斑が薄い青二才♂とキビタキ♀の出会いは渾渾と湧く泉でした。入ってもよろしいでしょうかと混浴をせがむ若♂

3091

今度は成鳥♂と♀のようですが♀がやたらに大きく見えます、あんた入ってこないでよ!とでも言うように見えました。

4190

これは珍しい♂と♂です、カップルとは夫婦・婚約中・恋人同士・恋愛中の男女・男女に限らない一組の関係もカップルです、♂と♂はこれに当てはまる、まさかバカップルではないですね!

6880

若そうな♂と活発そうな♀、今風に言えば草食系男子に肉食系女子かな?

7031

チョット興奮気味の♂と上目使いの♀あんた何を興奮しているのよ!

7041

♂が水を飲みながら♀と睨み合い?それとも譲り合いかな?

7171_2 

キビ♂がこちらを睨むように見えました、横目の♀を尻目にこちらはパパラッチではありませんよ!気の弱い愛鳥家ですよとパチリです。

7681

カップルのトリを見るのでトリミング、泉の水が渾渾とキラキラ、キビタキ♂♀の目もキラキラと輝いていました、南に渡る日も近い安らぎのひと時です、一路平安を願い今年も沢山の写真を有難う。

|

« 泉の黄鶲 | トップページ | 渥美半島の鷹の渡り »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

KENさん
こんばんは、はじめまして…markeeと申します。以前、東川の火の見櫓の前でお会いしてるかもしれません。N岡先生の弟子のへっぽこカメラマンです。
今日夕方、国道39号を走るKENさん号らしき車を拝見しました。見間違いでしたらごめんなさい。旭川に来られていたのでしょうか?クルマの屋根に地デジアンテナを上げた東京方面ナンバーのワゴン車でした… 小生も下手なblogをやっております。ヒマがありましたらぜひおいで下さい。

投稿: markee | 2011年10月13日 (木) 23:26

markeeさん
はじめまして おはようございます
13日早朝に愛知県渥美半島から帰浜でした、タカのように空を飛ぶ羽がありませんので北見国道で見られたのは空似の車と思われますが自分の車には地デジの装備はない普通のミニバンです。
東川の火の見櫓ではチゴハヤの良い写真の思い出がなくカメラマンの記憶がありませんので申し訳ありません(いつもの事です)じいちゃん先生には朱鞠内湖と旭川市で二日間お世話になりましたので記憶は鮮明です。markeeさんのシマフクブログを早速拝見させていただきポチをしました、ベスト10に入る人気ブログをお気に入り入れて今後は時々お邪魔させて頂きます、日本ブログ村にはリンク先のご夫婦のブログもありますので今後両方見る楽しみが増えました。

投稿: ken | 2011年10月14日 (金) 09:44

KEN様
私の勘違いでした。失礼しました。それからポチありがとうございます。稚拙なblogですがたまに見てやって頂ければ幸いです。さぁ〜、今週末はどこに飛んで行こうかな〜?あいにくのお天気のようです。

投稿: markee | 2011年10月14日 (金) 12:11

markeeさん

こちらこそ失礼しました
旭川のN先生のお弟子さんとあって
流石は立派なブログでした
私は人は皆師と思っていますので
これからも宜しくお願いします。

投稿: ken | 2011年10月15日 (土) 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 泉の黄鶲 | トップページ | 渥美半島の鷹の渡り »