« 渥美の森・鷹の渡り | トップページ | 花と蝶 »

2011年10月16日 (日)

渥美の森三日目

三日目の渥美半島は予報通りの快晴であった、展望台まで700mの坂道を上る夜明け前の星空に十五夜も輝くが足元の暗い山道を登る、この日は展望台で日の出の撮影をするために前日よりも30分早く駐車場を出たが展望台には既に一番乗りのHさんご夫婦がおられてこの日は三番目の到着、私の目標である400種を既に達成されたと奥様からお聞きしているので早朝から頭が下がる想いである、快晴の予報で鷹撮りのカメラマンは大勢が予想されたので前日と同じ階段踊り場に三脚をセットして日の出を待つ、四人目はこの展望台でタカを撮るカメラマンをお世話する地元の猛禽撮影の大御所Tさんでした、今日も近くに野鳥撮影の先達が居られるので心強いスタートとなる。

話がかわりますが昨日の土曜日は新横浜公園で毎年恒例の「ふるさと港北ふれあいまつり」がありました、大震災と原発の被災地を応援するブースも設置されて応援の買い物をする人達に人気がありました。

0020_2 0050_2

いわき在住の友達がお孫ちゃんが外で遊ぶ時間が制限されているので可哀想だと最近メールを頂いたが「がんばっぺ いわき」の幟に引かれてブースに行くとなんと二年前に友達の家でご馳走になったウニがある、つぶ貝の串やきとセットでいわき応援の買い物でビールの肴にしたが旨かった!未だに解決しない原発被害の友人の環境を思うと毎日好きなことをしている自分に葛藤があるが心の中でがんばっぺいわき!!

0060_2 0030_2

左がいわきのつぶ貝の串やき、右は篠原地区連合自治会「おでん」の出店ブースには8名のボランティアさん、おでん売りのおばさんと篠原地区連合自治会長さんの記念撮影、天気予報が雨の為に前日から仕込むおでんの数を400にするか200にするか悩んだそうです、11時過ぎにここで一杯200円のおでん二杯をビールのおつまみして販売に協力しました、結局は200にして午前中で完売したが夕飯にもおでんが出ました、当分おでんは・・・

本題に戻ります、三日目の定点観測地の恋路が浜の渡りの速報はサシバ43、ハチクマ20、ノスリ24-12、ツミ11、チゴハヤ28、オオタカ4-1、その他のタカを含めて137羽、自分でもカウントした渥美の森の渡りは36羽であったが見過ごしているのもあるのでここでは40羽前後と思われる。

0103_2 

6:55 朝日を浴びてのツミの飛翔

0861_2

7:02 尾が抜けたハチクマ、これで渡りが出来るかな?

1561

7:23 ハチクマ

2061

8:46 オオタカ幼鳥

3741

12:06 ノスリ

3911

12:58 オオタカ成鳥

4771

13:46 チゴハヤブサ

5141

13:54 サシバ

5511

13:57 チゴハヤブサ

6241

14:10 ハチクマ

渡りの終盤を迎える青空になったタカの渡り日、15時で終了して対馬内山峠・長野白樺峠・愛知渥美の森のそれぞれ三日間、三三九度のタカの渡りの撮影旅がこれでお開きになった。

|

« 渥美の森・鷹の渡り | トップページ | 花と蝶 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 渥美の森・鷹の渡り | トップページ | 花と蝶 »