« ツツノビ | トップページ | モミノビ »

2011年10月23日 (日)

ヒマノビ

昨日は医者のハシゴをした、雨上がりの8時過ぎに血圧とコレステロールのクスリが切れたので近所のクリニックに行くと9時診察開始の30分前から順番が6番目であった、一番のつもりが雨上がりの土曜日は出足が早い、ここで1時間以上も待つのは辛いので愛想の良い受付に外出を断って、待ち時間の有効活用で二軒目の整形外科にバネ指のリハビリに向う、ここも9時開業の15分前に着くが既に待合室は患者で賑わっている、30分以上待って両手人差し指のバネ指を診察、右手の方が硬いので注射を打つかと言われたが痛い注射なので断って、モーラステープを痛み止めにお願いした、聞き覚えのある鳥好きの美人スタッフの声を聞きながら三ヶ月ぶりのリハビリは赤い可視光と不可視光の二種類のレーザー光線を両人指し指の根元にそれぞれ7分間と5分間の照射をする、赤い光線のスーパーライーザーは熱いが我慢の7分間、まだ9時半なので同じビルにある眼科に向う、渥美の森では飛蚊症のために皆さんよりもタカの発見がワンテンポ遅れていた、サングラスを掛けて目の中に飛ぶ蚊のような糸くずのような影には少しは効果があったが、青空を見上げる度に空にタカが何羽も飛んでいるように見えるのは厄介であった、また10月初め孫と観戦したデーゲームの横浜球場では生ビールの中に浮く黒い糸くずに見えたのも飛蚊症の産物であった、視力検査は裸眼で1.0と0.7であった、先生から左目の視力が落ちたが白内障はあまり進行していない言われていつもの白内障の進行を遅らせる目薬の処方箋をいただいて、最初の内科クリニックに戻る既に10時20分を過ぎていたので11番が診察中であったのでかなりの遅刻であるが12番目に入れていただいた、朝食を抜いてきたので血液検査を行い糖尿病のチェツク、血圧とコレステロールは薬効が効いて範囲内であったが糖尿は少し外れているが薬を飲むほどではないとの診断、これまで通り食事療法と運動で行きましょうと先生のお言葉にお礼を述べて外に出ると雨であった、最後にいつもの親切な薬剤師の薬局で3軒分の調剤をもらうと11時半となり外に出るとまだ雨が降っていた、雨で暇な土曜日に医者のハシゴをして午前中のヒマを潰したのである。

昨日のツツノビの次はヒマノビです、コスモスがなくてもノビタキの旅立ちが遅れればヒマノビが撮れるかもしれません。先週火曜日にコスノビ撮りで撮影した高さ50cm位のミニひまわりに来たヒマノビです。 このブログでは過去2007年10月に巾着田のオクラ畑のオクラの花に来たのをオクノビ、その後に菊にきたのをキクノビ、ソバに来たのをソバノビと次から次とノビタキと花の名称が増えてきましたが今年は更に花と草木とノビタキの名場面が増えそうです、今日はコスノビ撮影中に暇にまかせて撮影したヒマノビです。

1961

バックが泥土で見栄えが悪いが虫取りに来てヒマワリにとまった

1991

虫を見つけての飛び出し、ミニひまわりは背丈が低い約50cm跳び下りる格好で虫に向ってダイビング

167

今度はバックの見栄えは上等だが南向きのひまわりの顔が見えない

168

ノビタキが向きを変えてもひまわりは変わらず

1711

三脚を静かに左に移動してひまわりの顔が見えてきたがバックの緑が土色に変わる、痛し痒しとはこのことか

1771

更に振るとバックの緑が無くなり泥だらけ、花の無いコスモス畑に沿って一列に植えられたミニヒマワリの宿命、ヒマワリの顔はまあまあ綺麗です

1801

バッタかコオロギを見つけてひまわりからの飛び出し

1841

元のひまわりに戻ったノビタキのとまった位置は正面向きだがひまわりはまだ斜め顔、ここで栄養補給しているノビタキも肥満気味のヒマノビ?

2080

ミニひまわりにとまるノビタキ、ミニノビにするかヒマノビにするか、暇にまかせて考えた名称はヒマノビ、これがヒマノビの有終の美?

|

« ツツノビ | トップページ | モミノビ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^
アップで見ると大きなヒマワリのようですが・・・引いていくと小さいですねぇ・・
ヒマノビ・・・暇で伸び伸び?ケンさんの事かしらん?(*^^*)

投稿: ミント | 2011年10月25日 (火) 18:35

こんばんは

>ヒマノビ・・・暇で伸び伸び?ケンさんの事かしらん?(*^^*)

医者から肥満で伸び伸び糖尿に注意と言われています(´・ω・`)ショボーン

投稿: ken | 2011年10月28日 (金) 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツツノビ | トップページ | モミノビ »