« 眉茶鶇 | トップページ | 黒鷺のシルエット »

2011年11月13日 (日)

辛夷と眉茶

辛夷(コブシ)は早春に葉に先立って白い花を咲かせ秋にはコブ状の突起物がある細長い形の果実ができ熟すと裂けて中から赤い種子が出てくる、名前の由来は果実がコブ状になり、種が子でコブシという説があります、マミチャジナイの漢字は眉茶の次に上に即下に鳥(即/鳥)の一字でジナイという鶇(つぐみ)の古い呼び名のようです、(即/鳥)はIMEパッドで手書き入力してもこの字は出てきませんでした ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 眉が白い、体が茶色い、ツグミの仲間をマミチャジナイと呼ぶ変わった和名です、 鶇(つぐみ)はあまり鳴かないで口を噤む意から「つぐみ」と言われる、これらはネットのサイトから大体同じような事が書かれています。今日も昨日の続きです。今日はコブシの実が主役です、全て逆光の中で撮影したコブシを採餌に来たマミチャジナイです。

3071

残りものに福はあるのか

3591

こちらのコブシは拳のように見えます

3611

枝の上からホバで実を啄ばむ

3291

先月末はコブシも沢山ありました

3401

コブシを啄ばむ

3491

コブシを嘴に入れた直後・・・

3541

そして飲み込んだ直後に嘴を開く・・・旨い!

|

« 眉茶鶇 | トップページ | 黒鷺のシルエット »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眉茶鶇 | トップページ | 黒鷺のシルエット »