« 蔓柾と常鶲 | トップページ | 南信から北信へ戸隠の森へ »

2011年11月 7日 (月)

紅葉の信濃路、鹿塩温泉・山塩館

先週は霜月に入った一日から四日まで紅葉の信濃路を夫婦で散策した、初日の目的地は三年前に宿泊した南信州・大鹿村の日本秘湯を守る会の温泉宿、鹿塩温泉・山塩館である、今年は映画「大鹿村騒動記」のロケ地となった伊那山地に囲まれた山峡の温泉宿である。自分と同じ辰年である主演の原田芳雄が7月19日に亡くなる三日前に公開されたのがこの村で春秋二回定期公演される300年の伝統を誇る村民による地歌舞伎の大鹿歌舞伎(国選択無形民俗文化財)を題材にした「大鹿村騒動記」である。映画の中で貴子(大楠道代)と治(岸部一徳)が昔を懐かしみながら浸かる塩分が強い不思議な山の温泉。このロケ地となった山塩館に投宿したのが11月1日。日本秘湯を守る会の会員旅館に泊りスタンプ帖に10軒のスタンプを押捺してもらうとその中の一軒を選び無料で宿泊出来るシステムがある、三年前に山塩館に宿泊してから8月北海道・足寄の芽頭温泉で10軒目となり、スタンプ帳の中から山塩館を選んだので今回は無料招待となっているので財布の負担が軽い宿泊となる。

八時半に出発して相模湖ICに向う、途中で高田橋からミサゴ撮影の様子を見たが撮影者の気配がない、更に相模川沿いを二ヶ所目のゴルフ場の右手前の堤では3台の大砲が見えるので降りて様子を伺うと今日は飛込みはまだ無いとのアンサーに礼を述べて先に進む、大小の小倉橋を右に見て左へ宮ヶ瀬方面から相模湖ICに入る、中央高速を快調にドライブする富士山の眺望が良い途中の双葉SAで12時を廻る、ここで昼食休憩。

0031_2 0041

山梨側からの富士山を眺めながらなめこ蕎麦のセットで腹を満たす。諏訪湖ICで高速を降りて国道152号線を高遠城址から分杭峠に向う目的地まで登りの狭い山道が残り65kmとなる。

0171_2 0441_2 0270_2

152号線の分杭峠と是より北高遠領の標識と石碑、今年の4月30日に水場への林道が崩落して通行止めとなっていた、水場への林道途中の崩落現場。磁場ゼロ(気場)・気功の日本一のパワースポットも自然のパワーに人気もたじたじのようだ。

035 0620 0600

ゼロ磁場の秘水と言われ三年前に水汲みの人と車で大混雑していたのを経験したが、タンクやボトルを持った水汲みの行列が時には二時間待ちの盛況から見ると雲泥の差である。気を入れるベンチも枯れ葉が積もりこの有様、人を幸せにする力を持つといわれる“気”が集まっているこちらも瞑想に耽る人で満席の時もあったがこの日はどの段も空席・空席・空席でした。昨年は平日約200人、土日約800人で人気のパワースポットである事は継続していたようだ。

0821 0931 0840_2

磁場ゼロの分杭峠から程なく中央構造線の断層が見える鹿塩川の川岸がある、駐車広場にある説明板、中央は拡大した写真、川岸から撮影した色の異なる断層を実写したがこれが北川露頭なのかどうか3時半にエンジンを掛ける、152号線を更に進むと塩の里、152号から左折すると鹿塩温泉、橋を渡ると山塩館に3時50分に到着する。

0450 0530 0430

鹿塩館の玄関、ロビー&フロント、庭にある山塩を煮詰めて製塩する製塩所。

004_2 0161_2 0250

到着した日の男湯は映画の 大鹿騒動記では貴子役の大楠道代と治役の岸部一徳が入浴したのはこちらの温泉ではなさそうです。湯口とは反対側に冷塩水の浴槽があります、その説明文木札です。

0311 0080 0430_2

夕食は後から出る温かい天ぷらは山塩でいただきます、3年前と同じような鹿のカルパッチョ、岩魚の塩焼き、鯉こく、鯉の旨煮など天ぷらの手前は松茸の土瓶蒸し、ソバ椀も出ました、右は朝食の豆腐も山塩で食します。

0280 0270_3 0220

翌朝は男女の温泉が入れ替わっていました、こちらの温泉が映画で使われた少し大きい方の湯船です、反対側に丸太の枕がある寝湯になっていました、ロケではこの旅館に18日間滞在したと若旦那が説明していましたので、阪本順治監督・名優原田芳雄と佐藤浩市・松たか子などの実力派俳優などもこのしょっぱい不思議な温泉でロケの疲れを癒し楽しんだことだろう、名優原田芳雄には人生最後の秘湯になったと思われる。

3年前には当時中学二年生の息子さんと一緒にデジスコドットコムの初心者コースで野鳥撮影を学んでいた息子さんは高校生となり寄宿生活に入り今は若旦那が一人で時間があると野鳥撮影されているようです。今回教えて頂いた「夕立神(ゆうだちかみ)パノラマ公園」に行ってみました、標高1620mにあるパノラマ公園まで宿から車で林道を約40分登ります。

1150 136 2470

1380 1410 1981

夕立神パノラマ公園展望台からは南アルプス・中央アルプスを望む360度の紅葉の大パノラマでした、左上は付近の林道風景、右下は林道から撮影した黄葉をバックにしたヒバにとまるホオジロです。この他にミソサザイ、アトリ、ジョウビタキなどを観察、午前11時にこの山を降りてここから200kmもある戸隠・越水にある宿に向う、分杭峠経由駒ヶ根ICから松本ICで降りて国宝・松本城を見物してから長野に向かい戸隠には夕方5時過ぎになった。この信濃路の旅ブログは続きがあります。

帰りに通行した駒ヶ根市から分杭峠にアクセスする県道49号線にて通行規制が行なわれています。
▼規制概要
規制期間…11/04から12/03まで,土日祝祭日除く
規制時間…08:30から17:00まで

|

« 蔓柾と常鶲 | トップページ | 南信から北信へ戸隠の森へ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蔓柾と常鶲 | トップページ | 南信から北信へ戸隠の森へ »