« 黒面箆鷺 | トップページ | 尾白鷲の狩 »

2011年12月11日 (日)

星椋鳥

10日程前の撮影です、数少ない冬鳥のホシムクドリがムクドリの群れの中にいました、撮影地は珍鳥が良く出る茨城県稲敷市ですがムクドリに混在していた二羽のホシムクドリは残念ながら撮影時は電線・電柱・腕木などの人工物しか止まってくれません。

0040

電線のホシクムドリ、黒の中に紫色も見えます

0501

電線どまりもそれなりの収穫があります、光線の当たり具合で体下面の黒光りする中に白斑が見えます

0731

鳴いていました、光の入り具合で白斑が目立つ時もあります

0821

青空に刺す黒い嘴、黒光りの中に紫色があります

1101

電柱の腕木に止った時に赤黒い足が見えます

1681

耐張碍子の下で横どまり

2191

別の電柱にもいた、腕木の碍子の横にムクドリの中にホシムクが混在

2251

上の別の写真をトリム

|

« 黒面箆鷺 | トップページ | 尾白鷲の狩 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒面箆鷺 | トップページ | 尾白鷲の狩 »