« 蔓梅擬と目白 | トップページ | 富士山の異常現象と瑠璃鶲 »

2012年1月29日 (日)

蔓梅擬と目白その2

花期の5,6月頃には目立たないツルウメモドキですが今の時期は周囲の落葉樹の葉が落ち、蔓梅擬も葉を落とした後も橙色の沢山の実が残り遠くからでも目立つ存在です、この時期はいろいろな野鳥の餌になっていますがメジロが一番絵になります。ハト・ツグミ・ヒヨドリも来ますがメジロが大きさと色が可愛いですね。ツルウメモドキは葉の形や若枝が梅に似ているからこの名があります。先日の続きで同じ日同じ場所のツルウメモドキと目白です。

0401

メジロが群れでツルウメモドキに採餌で群がっています

0251

この大きさがノントリです

0391_2

あちらこちらで実を咥えています

079

垂れ下がっている実を縦撮りしてみました、ツルウメモドキが絡まっているのは梅の木です

0811

美味そうに見えます

 

« 蔓梅擬と目白 | トップページ | 富士山の異常現象と瑠璃鶲 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 蔓梅擬と目白 | トップページ | 富士山の異常現象と瑠璃鶲 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ