« 一陽来復を願う | トップページ | 袖黒が撮れた! »

2012年1月19日 (木)

今更ですが今年の抱負

正月早々から肝臓が疲れていたのか気管支喘息の治療薬を飲んでから薬疹が出て全身が赤くなり痒く病み、心が闇の中にありました。2005年3月に日本野鳥の会に入会して野鳥撮影を始めてから今年の3月で七周年になる、ブログは2006年6月から開始して6月で六周年になります。サブタイトルの「セカンドステージの思いを行動に変えて、野鳥撮影で自己実現 、目標は国内400種。」今となっては管理社会から解き放たれた自由と歓びのあまりこの抱負と目標で5年半の間、東奔西走の如く野鳥撮影とブログを続けてきたが今にして思えば 「人生、そんなに急いでどこへ行く」のんびり楽しく暮らすのがコンセプトの林住期の半生を過ぎて失う一方の心の余裕でした、今まで元気で丈夫に過ごしてきてセカンドステージにも悠久の時があると思っていたが薬疹で全身が痒い痒いの日々を悶々として何もしたくない歯痒い毎日を過ごした後に来たものとは、病におそわれると早く快癒してほしい願いとともに自分に残された時間は限りがある、今までの淡い夢が消えて儚い余生を思い知らされる。 痒い全身の薬疹を搔きながら全身に痒み止めの軟膏を塗りながら難航しながらも野鳥撮影に没頭して来た7年間を反省する秋(とき)が来た想いがする。七年間も掛けて気づくのが遅すぎた感もするが趣味と旅行に忙しい人、生涯学習のつもりで野鳥と植物などを学ぶのに忙しい人、学習しながら毎日のブログを書くのに忙しい人であった。過去の自分は「セカンドステージの思いを行動に変えて、野鳥撮影で自己実現 、目標は国内400種。」このブログのサブタイトルで自縄自縛に陥り、自己の実現で身体は忙しく、目標達成に心が急ぎすぎていたと言えます。目標を掲げること自体が過去の管理社会の慣習にとらわれていた証です、本当の林住期の余生をのんびり愉しむ余裕がなかったといえます。これからは急ぎすぎないように「もっとゆっくりといろいろな趣味の世界を愉しみながら余生を楽しむ」それは「スローライフ」とでも言うような生き方にハンドルを切りたいと思います。また自分にとってちょうどよい暮らし、心と身体が健康でリラックス出来る暮らし、シンプルな生活を目指す、これを「シンプルライフ」と呼ぶならばこの生き様にも共感する。今までの心も体も忙しい生活から脱してこれからは自分にちょうどよい「スローライフ:Slow Life」と「シンプルライフ:Simple Life」を自分で見つけて実践したいと思います。

 

|

« 一陽来復を願う | トップページ | 袖黒が撮れた! »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一陽来復を願う | トップページ | 袖黒が撮れた! »