« 西伊豆・仁科港乗り初め式 | トップページ | 放鷹術の実演 »

2012年1月 4日 (水)

渡り・据替の実演

諏訪流放鷹術の実演の見物に今年も浜離宮恩賜庭園に3日に行ってきました。観客の中から4名の希望者に「渡り」「据替(すえかえ)」の実演がありましたので4名の実演の様子です、据替は鷹匠以外の人の拳に鷹をとまらせることです。全員が鷹匠がはめるエガケと呼ばれる鹿皮の手袋をしてエゴウシと言われる切り身にした肉を入れる容器を使っての鷹匠の指導による実演です。

2520

「渡り」とは鷹(今回はハリスホーク、日本名モモイロノスリ)を樹の上に飛ばして、そこから鷹匠以外の人の拳の上に呼び戻す据替の実演です

2350

一人目の女性

2390

二人目の人

2570

三人目の女性

2660

司会者から「すえかえ」の感想のインタービューです

2760

四人目の据替の直前

2790

据替の瞬間、これからご褒美の生肉を食べます。

|

« 西伊豆・仁科港乗り初め式 | トップページ | 放鷹術の実演 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西伊豆・仁科港乗り初め式 | トップページ | 放鷹術の実演 »