« 今更ですが今年の抱負 | トップページ | 袖黒鶴が翔んだ日 »

2012年1月20日 (金)

袖黒が撮れた!

年末の28日に成田市在住の鳥友から旧本埜村の白鳥渡来地付近にソデグロヅルの迷い鳥が入ったと情報を頂いたが既に2008年12月1日に数年ぶりに渡来した鹿児島県出水市のツル観察センターで撮影済みであったので感謝しつつも見送りした、08年は空路とレンタカーの遠征であったが午後から実家が鹿児島空港近くの溝辺町の実家に帰省していた相模原市の鳥友と合流して宿泊した民宿鶴見亭の隣の食堂兼みやげ物店の二階屋上からソデグロヅルの飛び立ちと飛翔を狙っていたが何故か200-400mmレンズが故障して撮り損なった、午前中は100mくらいの距離をテレコンをつけて撮影出来たのが肝心の袖黒が見えた時に撮れない不運に見舞われた、鳥友は絶好のチャンスが撮れたので親孝行で帰省したご褒美のようでした。こんな思い出が残ったソデグロヅルを追い続けて2009年と2010年と二年連続で今度は車で出水に出かけたがソデグロヅルは渡来してこなかった。世界的に希少種であり、北海道野鳥図鑑によれば推定2000~3000羽と言われる生息数であり毎年来るとは限らない迷鳥が昨年12月に宮古島にソデグロヅルの初渡来と今回の関東初渡来である。繁殖地のシベリアから越冬地の中国南部やインド北部への渡りの途中で群れとはぐれて日本へ迷い込んでくれた二羽同時の迷鳥である。年が明けてからブログにソデグロヅルが掲載されないためかご親切にも4,5回メールや携帯にソデグロヅルの情報を戴いたので薬疹の痒みが和らいだ三日前からソデグロヅルの撮影に遅まきながら参加しました。タイトルの袖黒が撮れた!4年前の想いを込めています、そして鳥撮りは今年も継続しています。出水の塒はツル観察センターから約500m離れた水を張った矩形の田んぼにナベヅル・マナヅルなどが密集している塒であり遠くて塒の写真は撮れないが本埜の白鳥給餌場の塒は近くから撮れるのが魅力であるが出水と異なり民家が近いのが難点である。

1101

薄氷が張った塒で一本足で立つ、頭の上を飛ぶオナガガモなどの水鳥に向って威嚇の様子、鳴き声は聞こえないが図鑑では「クロークロー」とある。

1641

この塒では一番背が高いせいか頭上を飛ぶ水鳥を嫌がるようだ

2031

寝ている白鳥越しにカメラの砲列を覗き見? こんな格好も滑稽である。

2122

朝日の方向に向って羽ばたきの瞬間に袖黒を初撮り

2261

更に大きくトリミング、頸に黄色味が残るのでまだ若いようだ。

2531 

太陽にほえろ! 昔見た!TVの人気刑事ものだったかな?

写真は全て600+D3FXを適当にトリミングしてあります。

|

« 今更ですが今年の抱負 | トップページ | 袖黒鶴が翔んだ日 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

お元気になられたようで安心いたしました。
また新年の抱負を繰り返し読ませて頂きました。共感いたします。
私はまだ現役ですが、はしってないと不安というか、自分でないように感じておりました。
病気というものは大きく人の気持ちを変えるものですね。
あまりの勢いにきっと神様が警鐘鳴らしてくれたのですね。
急行もいいけれど鈍行もまた良しです。

ケンさんの画像に触発されてこの間、伊豆沼・蕪栗沼に行ってまいりました。
蕪栗沼でねぐら入りを最後まで見届け、とてもすばらしい時間を過ごすことができました。
伊豆沼の塒立ちは、お書きくださっていらしたように日の出より先に塒立ちしてしまいました。
もう少しあとのほうがよかったかもしれませんね。

またどこぞで元気なケンさんにおめにかかれますよう。

投稿: 赤いガーベラ | 2012年1月21日 (土) 14:13

赤いガーベラさん
こんばんは
拙文は節分にはまだ早いようですがお気遣いを戴き感謝致します。
今年の恵方は北北西ですので横浜の住まいからは、さいたま市・前橋市・新潟市方面が恵方となりますので鳥運もこの方面にあればとよいと思います。高速では制限時速の鈍行?で伊豆沼・蕪栗沼に行きましたが、冬は日の出も鈍行ですね、3月1日からは今よりも40分位日の出が早く日の入りが遅くなりますのでマガンの塒立ちと塒入りとマッチングするかもですね。北帰行の前に撮れれば良いですね、確実なのは日の出が6時前後の10月末から11月初旬と思います。

投稿: ken | 2012年1月21日 (土) 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今更ですが今年の抱負 | トップページ | 袖黒鶴が翔んだ日 »