« 小耳木莬の飛翔形 | トップページ | 瑠璃鶲 »

2012年2月20日 (月)

とまり木の小耳木莬

一昨日・昨日の続きです。とまり木にとまった冬鳥の小耳木莬です、雌雄同色で羽色はかなり個体変異がありますが顔の変異もかなりあります。ここのコミミは日中から採食活動で飛びまわっています、超低空で羽音を立てずに停空飛行(ホバリング)を行いネズミを捕食していますが時々止り木にとまって顔を左右にゆっくりグルグル回してあたりを見回しています。

1122

地元の人が立てた風格あるとまり木に一本立ちのコミミです、小さな羽角が立っています

1932

顔盤型のコミミは奥目です、目は黄色い虹彩に黒い縁取り

1962

このお立ち台で片足片羽のストレッチの妙技です

2291

横顔は奥目と猛禽類の嘴の鋭さが分ります

0411 

上とは別の個体です、下の道路にある電柱の頂上にとまるコミミとは土手の上からは水平距離でした、撮影を咎めるのか怖い顔に見えた

5191

口から見える三本の紐?捕食したネズミの尻尾と後ろ足二本です

3591

獲物を見つけたのかとまり木からの飛び出し

3601

ふわっと飛んだ二枚目

3611

音も無く獲物の気配する方角への三枚目

« 小耳木莬の飛翔形 | トップページ | 瑠璃鶲 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小耳木莬の飛翔形 | トップページ | 瑠璃鶲 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ