« 雪中の茅潜 | トップページ | 小耳木莬の低停空飛翔 »

2012年2月17日 (金)

長元坊の停空飛翔

武州・彩の国に川幅日本一2537mがあります、鴻巣市側から御成橋を渡り始めても畑地や水田で川の流れは見えません、橋の中ほどに幅30m程の流れがありこれが荒川です。この橋を渡り吉見町側を暫く走った運動公園堤の上で風の強い日に撮影した長元坊雌のホバリングです。日本一長いホバだったかどうかは分りません。

2092

ネズミの気配か?ホバの開始

2112

尾が綺麗に見えました

2121

暫く下を見ながらのホバが続きます

2181

おや!見つけたのか!

2221

さらに腰を曲げて顔を下げ堤の草むらに目を凝らします

2281

その後は獲物を見失ったようです

|

« 雪中の茅潜 | トップページ | 小耳木莬の低停空飛翔 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪中の茅潜 | トップページ | 小耳木莬の低停空飛翔 »