« 大千鳥Eleven | トップページ | 与那国の白頭 »

2012年4月13日 (金)

小川駒鳥

鳥撮り七年間で四度目のオガワコマドリです。このブログでも過去三度オガワコマドリを貼っています。2006年2月~4月(発見されたのは2005年11月?、公開が2006年2月20日頃)自宅から車で10分の綱島の鶴見川に出現した時が初見初撮りでした。この時は日本全国から毎日のように数百人が綱島・鶴見川の土手に押し寄せる連日の大フイーバーでしたがここは堤防の下が広く一度に百人以上も見られる余裕があり、一日の延べ人数では5百人以上の日もあったようです、東横線綱島駅はカメラザックと三脚を持った普段見慣れない姿の乗降客で綱島駅は潤い、鶴見川近辺のコイン駐車場は連日・終日車で満杯でした。
二度目は舳倉島に二度目の遠征をした2007年4月28日にへぐら島の龍神池の岩場でした。三度目は2009年3月に神奈川県の公園の葦原に出たが背景がイマイチでしたので確率の低い石の上に出てくるのを3時間も待ち三年目となる小川君を撮りました。
今回は与那国遠征中に鳥友から情報が入り帰浜後三日間の静養後に今週の始め平日に現地を訪れたが狭い農道の畦道に横5列の砲列があり、午前4時着で前から二列目に三脚を置く盛況でした。まだ暗いうちからその後続々と後ろに三脚が並ぶ始末です。ここは餌付けした地元の仕切り人が交代制で撮らせてくれる親切な場所でしたのでオガワコマドリが2,3回出た後は最前列と二列目のカメラマンは後ろに後退して交替ですが最後列は二時間以上の待機です。帰る人ともう一度最後列に並ぶ人など人様々でした。当日は隣にいた人は大阪・泉ナンバーの人でした、三列目左端の方から名古屋から来られたSさんに「高久さん暫くです!」と後ろから声を掛けていただくなど遠方からの人も目立ちました、やはり珍鳥オガワコマドリは人気があります。このように人気が有るオガワコマドリでしたが狭い農道に百メートル以上も駐車しているので農家から農耕車が入れないと苦情が起きて昨日から農道への車の進入はストップになり、餌付けも終了です。早朝から夕方まで餌付けと鳥撮りマナーを指揮っていただいたKさんご夫婦に10日間お疲れ様と感謝申し上げて本日からブログ解禁になりましたので与那国島の野鳥を中断して急遽オガワコマドリを掲載致します。

_040s_1_2

2006年4月 神奈川県横浜市 

07428_020s

2007年4月 石川県輪島市 

Dsc_6406ss__2

2009年3月 神奈川県横浜市

0311

今回の千葉県成田市の葦原から出てきたオガワコマドリ

0391

これから右下のお立ち台に向かいます

0421_2

お立ち台の上から更に畦道にある次のお立ち台に向う

0682

畦道のお立ち台、更に右はこれから農作業が始まる田んぼ

 

|

« 大千鳥Eleven | トップページ | 与那国の白頭 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大千鳥Eleven | トップページ | 与那国の白頭 »