« 比地大滝 | トップページ | 蝶とカナダ鶴舞 »

2012年5月 1日 (火)

本島赤髭

暦では夏も近づく皐月になり。
平年では5月2日が八十八夜であるが閏年の今年は立春から八十八夜は5月1日の今日。 黒い顔から目が目出度く出る、
目-出-(メーデー)となるか今日はホントウアカヒゲである。日本固有種、国の天然記念物のアカヒゲの亜種は3種に分類される(日本の野鳥図鑑より)、亜種ホントウアカヒゲは沖縄諸島で留鳥(VU:絶滅危惧Ⅱ類)、主に沢沿いの常緑広葉樹に生息すると図鑑の解説にあったがホントウにそのようである。コマドリと同じスズメ目/ツグミ科、同じ大きさのL14cm、雄成鳥は額から顔の前面、頸の側面、喉から胸は黒ヒゲのように見える、頭頂から尾までの上面は赤茶色、腹から体下面は白色で脇に大きな黒斑があると言われるが撮影した個体は脇斑の色が薄いのか明瞭な黒斑は確認出来なかった。嘴は黒く足は暗色とあるがこの個体は安直に暗色とはいえない色であった。

443

比地川に流れ込む渓流で水浴びしていた♂が渓流に架かる倒木の上で羽繕いしていた、640では近過ぎてようやく全身を収めた場面

4480

2,3枚シャッターを切る間もなく羽が乾いたのかこの後は下の渓流沿いに滝を越えて山奥に消えた

4841

亜熱帯林が茂る山側の暗い岩場の上にお出ましです

4971

その後は渓流の岩場に出てきて川岸方向へ、餌探しのようですがこちらを一度も振り向いてくれません

5111_3

遊歩道の脇、石の上に出る、目も出る。

4501 

♀がサービスにロープの上に出てくれますが普段の前傾姿勢とは異なりました。♂よりも上面の赤茶色が淡い、体下面は白汚色。

4871

♂の方はロープの上で自慢のヒゲを見せてくれます。

|

« 比地大滝 | トップページ | 蝶とカナダ鶴舞 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 比地大滝 | トップページ | 蝶とカナダ鶴舞 »