« 信濃の駒鳥 | トップページ | 甲斐の駒鳥 »

2012年5月22日 (火)

舳倉島の野鳥その2

舳倉島の帰り旅の途中の写真と一日置きになった。 舳倉島の二日目から二週間も過ぎましたが自分的には目新しい鳥は撮れない日であった。この日は民宿つかさ前の広場や防波堤付近の写真が多い、何故か防波堤の上にオシドリとミヤマカラスがいた。つかさの前でノジコ・コホオアカ・タイワンハクセキレイ・タカブシギなどを撮影、数少ない旅鳥のシマノジコはいたのか居ないのか撮れなかった。この日の夕方4時50分に観察舎の水場で最後に撮影したのが一番下右のキビタキ若のような???喉の色が黄橙色に似ている鳥として眉斑が黄色いのでムギマキ♀ではない、オジロビタキ♂としては眉斑と尾筒が白くない、白い眉斑と顎線のノゴマ♂でもない。キビタキ♂としては顔は黒いが全体的に茶褐色で体下面の黄色がみえない、腰から上尾筒までの黄色部分がなく、上面の白斑も見えないが全体的な姿・形はキビタキ若のようであるがよくわからない???

0201 2461

センダイムシクイ           ムギマキ      

3471 2621

ミヤマカラス               オシドリ

3811 4751

ノビタキ                 コホオアカ

8431 3841

タカブシギ                ノジコ

8821 4001

ウグイス                タイワンハクセキレイ

0101_3 12031

マミチャジナイ             ノゴマ

6571 11910

シマゴマ                オオルリ

9791 12861

ハチジョウツグミ            ???

|

« 信濃の駒鳥 | トップページ | 甲斐の駒鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信濃の駒鳥 | トップページ | 甲斐の駒鳥 »