« 茶腹赤啄木鳥 | トップページ | 信濃の駒鳥 »

2012年5月20日 (日)

舳倉島の野鳥その1

時の過ぎ行く速さが年々早く感じる今日この頃である。 二週間前の写真の整理が始まったが小鳥たちは渡りの途中のオアシスで暫しの休養を楽しんでいた。舳倉島の初日(5月7日)は宿に荷物を置いてから野鳥観察舎・中央避難路付近・学校の裏など3,4ヶ所のポイントを下見して来たが初見・初撮りの収穫はなく平凡な初日であったがこれも6度目の舳倉島とあっては贅沢は言えない。(写真をクリックすると1024x1024ピクセルに記事の中に拡大します)

1661 0491

コルリ              ノゴマ

328 3851

シマゴマ             キビタキ

5001 5710

シロハラホオジロ        センダイムシクイ

814 3820

コサメビタキ           ハチジョウツグミ        

0851 3301

エゾムシクイ            オオルリ

4751 4421_2

ムギマキ♀            アトリ

|

« 茶腹赤啄木鳥 | トップページ | 信濃の駒鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

最後のムギマキはキビタキではなのかな?

投稿: トリトリ | 2013年5月18日 (土) 16:16

公開が遅くなり恐縮です。

ご質問のシーンは見ていませんので

残念ながら回答は出来ません。

昨年は水場周辺でムギマキもキビタキも撮影に飽きるほど出ましたが今年は両種とも探さないと撮影のチャンスがありませんでした。鳥撮りには鳥の少ない年でした。shock

投稿: ケン | 2013年5月23日 (木) 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茶腹赤啄木鳥 | トップページ | 信濃の駒鳥 »