« 舳倉島の野鳥その2 | トップページ | 舳倉島の野鳥その3 »

2012年5月23日 (水)

甲斐の駒鳥

甲斐のコマドリは先日の信濃のコマドリよりも囀りと尾を立てたが尾は開かなかった。 昨年は信州の方が甲州よりも尾を開き良かったが今年は信濃よりも甲斐のコマドリの方がいい甲斐! やはりこの時期のコマドリは三鳴鳥らしくヒンカラカラと馬の嘶きのような①美声で囀り②三鳴鳥のなかでもっとも躍動的に美しい姿で尾を立て③12枚の尾を扇を広げたように開く
この3拍子が揃うことが理想であったが①と②は叶えられたが③は残念ながら見られなかった、この前日撮影した信州のコマドリよりは進歩した。 朝5時に到着した駐車スペースは既に車が5台、撮影ポイント着では座っている人の左右両端では死角が出ると思われたので12人目で座っている人の中央後ろに不安定な足場に立った、死角はないが仕方ない。15~20回くらいお立ち台で囀ってくれた。不安定な撮影姿勢で疲労困憊、9時過ぎにこの場所を撤収するまで12枚の尾を一度も開くことは無かった。コマドリ撮影を御仕舞にして下の沢でコルリなどが現われる場所に移動した。640+FXのコマドリ写真は時間の経過とともに全てノントリ。

昨日は上半身が雲の中に消える幻想的な東京スカイツリーの開業式をTVで見ながら祝杯をあげた。そして二人の鳥友から前日の金環日食天体ショーの見事な写真が送られて来た。鳥友の粋なはからいはありがたきかな。

0750 0820

1010 1440

1710 1820

2100 2180

2360 2450

2560 2690

2770 3200

3290 3520_2

コマドリのポイントにはウグイス・クロジ♂♀若・ミソサザイなどもお供え物を採食にきた。

|

« 舳倉島の野鳥その2 | トップページ | 舳倉島の野鳥その3 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 舳倉島の野鳥その2 | トップページ | 舳倉島の野鳥その3 »